Home

コトハノオト

Oracle、Java SE 8 Update 71 (8u71) 公開  2016年1月のクリティカルパッチアップデート(CPU)

米Oracleは1月19日(現地時間)、2016年1月クリティカルパッチアップデート(CPU)の一環として、「Java SE 8 Update 71 (8u71)」を公開しました。

Java 8リリースのハイライト

■Mac OS XでJavaをインストール済みの場合

Java.comから直接ダウンロードするか、システム環境設定→JavaからJavaコントロールパネルを開き、「更新」メニューで確認および最新版へのアップデートを行えます。

Java 8 Update 71 (8u71)

 →Mac OS XでのOracle Javaのインストールと使用に関する情報およびシステム要件

IPA – Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2016-0494等) (2016/01/20)
The Oracle Software Security Assurance Blog – January 2016 Critical Patch Update Released

Oracle VM VirtualBox 5.0.14 (Windows/Mac/Linux/Solaris)

Oracle VM VirtualBox 5

米Oracleは1月19日(現地時間)、無料のx86&AMD64/Intel64仮想化環境「Oracle VM VirtualBox」最新版 5.0.14 をリリースしました。
Windows/Mac/Linux/Solaris版が用意されています。

■VirtualBox 5.0.14

This is a maintenance release. The following items were fixed and/or added:

  • GUI: properly limit the number of VCPUs to the number of physical cores on Mac OS X (bug #15018)
  • Audio: fixed a bug which prevented loading a saved state of a saved guests with HDA emulation (5.0.12 regression; bug #14981)
  • Audio: don’t crash if the backend is unable to initialize (bug #14960)
  • Audio: fixed audio capture on Mac OS X (bug #14386)
  • Storage: fixed a possible crash when attaching the same ISO image multiple times to the same VM (bug #14951)
  • BIOS: properly report if two floppy drives are attached
  • USB: fixed a problem with filters which would not capture the device under certain circumstances (5.0.10 regression; bug #15042)
  • ExtPack: black-list Extension Packs older than 4.3.30 due to incompatible changes not being properly handled in the past
  • Windows hosts: fixed a regression which caused robocopy to fail (bug #14958)
  • Linux hosts: properly create the /sbin/rcvboxdrv symbolic link (5.0.12 regression; bug #14989)
  • Mac OS X hosts: several fixes for USB on El Capitan (bug #14677)
  • Linux Additions: fixes for Linux 4.5 (bug #15032)

Oracle – Oracle VM VirtualBox 5.0.14 Released! (2016/01/19)

Apple、「iOS 9.2.1」公開 セキュリティアップデート、MDMサーバ使用上の不具合など修正

IOS 9

Appleは1月19日(現地時間)、「iOS 9.2.1」を配信開始しました。
Mac/Windows向けiTunesから、または各iOS端末の設定アプリ(一般→ソフトウェアアップデート)から更新を行えます。

アップデート方法は「iOS:iPhone、iPad、iPod touch をアップデートするには」をご覧ください。

■iOS 9.2.1

このアップデートには、セキュリテイアップデートと、MDMサーバを使用している場合にAppのインストールを完了できないことがある問題などのバグ修正が含まれます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:  https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Apple Support – About the security content of iOS 9.2.1

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top