Home

コトハノオト

NEC、BTテザリングにより最大約24時間連続通信が可能なLTEモバイルルーター「AtermMR03LN」2/1発売 802.11ac (最大433Mbps) 対応

AtermMR03LN

NECアクセステクニカは1月24日、Quad-band対応のLTEモバイルルーター「AtermMR03LN」を2月1日に発売すると発表しました。

オープン価格。実売予想価格は、本体(SIMなし)が3万円弱、クレードルが3000円弱。

本商品は、NTTドコモ提供のQuad-Band (2GHz、1.7GHz、1.5GHz、800MHz) LTEサービスを利用した通信サービスである、「BIGLOBE LTE・3G」「@nifty do LTE」「ぷららモバイルLTE」向け機器として、各ISPより順次発売される予定です。
詳細は各ISPのお知らせをご覧ください。
また、イオンリテール (本州、四国のSIM取扱165店舗) では、1月25日より予約受付開始とのことです。
※発表時点ではOCNの名前はありません。残念(´・ω・`)

メールやSNSなど軽めなデータ通信ではBluetoothテザリングにより省エネ長時間通信、動画やWeb閲覧など高速な環境が必要な場合は11ac対応Wi-Fi(最大433Mbps)接続、と用途に応じて選べるのが特長。
電波状況や電池残量を確認できる、iPhone/iPadアプリ「Aterm Mobile Tool」を使って、スマートフォンからファームウェア更新、インターネットの接続切り替え(LTE/3G⇔公衆無線LAN)、モード切り替えなど画面操作で行えるそうです。
初回のWi-Fi設定についても、従来製品同様にAterm「らくらくQRスタート」(AtermらくらくQRスタート for iOSほか)に対応。

■新商品の特長

  1. Bluetoothテザリングによる長時間利用を実現
    LTEモバイルルーターで初めて、消費電力の少ないBluetoothによるテザリングにより、連続通信時間が最大約24時間と長時間通信を実現。ほぼ一日、充電を気にせず安心して使用可能。
    また、Wi-Fiでの連続通信時間は最大約12時間と同等の電池容量である当社の従来機種と比べ、約1.5倍の長時間使用を実現。
    さらに、「休止状態」では最大約1000時間、「ウェイティング」は最大約30時間と多様なモードで長時間使用が可能。
    これらにより、高速通信が必要な動画やWebサイト閲覧ではWi-Fi、高速性が不要なメールやSNSなどではBluetoothと用途に応じて選択可能。
  2. クアッドバンドLTEと11ac対応による高速通信が可能
    下り最大150Mbps、上り最大50MbpsのクアッドバンドLTEに対応。スマートフォン等と接続するWi-Fiは、最新規格11acに対応したことで最大433Mbpsを実現。つながりやすく快適な高速通信が可能。
  3. 持ち運び易い小型・軽量を実現
    LTEモバイルルーターで国内最薄の約11mm(幅約64mm、奥行約111mm)、クアッドバンド対応LTEルーター国内最軽量の約105gと小型・軽量を実現。
  4. 6色のカラータイルから選べるタッチパネル・カラーディスプレイ
    表示部には見やすく操作しやすいタッチパネル・カラーディスプレイを採用。タッチパネル上のアイコンで容易にBluetoothとWi-Fiの接続モードが変更できるとともに、好みに応じて「6色のカラータイル」から表示色の変更も可能。
  5. 業界初、ギガビットイーサ対応のクレードル
    新商品専用のクレードル(別売)のEthernetポートは、モバイルルーター業界初のギガビット(1Gbps)に対応。デスクトップパソコンや地デジ対応テレビなどを有線接続して、据え置きのLTEホームルーターとしても利用可能。

Aterm Mobile Tool
NEC – 最大約24時間の連続通信が可能なLTEモバイルルータ「AtermMR03LN」を発売

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

無料楽譜ビューア PiaScore 4.0 (iPhone/iPad)

piaScore

プラスアドによるiPhone/iPad向けアプリ「無料楽譜ビューア piaScore」4.0.0 (無料+アドオン) がリリースされました。

販売業者 : Hiroyuki Koike
© 2010-2013 plusadd,Inc

楽譜クラウドサービス「Cloud Play」搭載や、iPadでの「ジェスチャー譜めくり」対応。
有料機能となる演奏用ツール「鍵盤」「チューナー」「レコーダー」は、まとめて300円で利用できます。
※7日間お試し利用可能。

今回のメジャーアップデートによって、利用者から要望が多かったプレイリスト&タグによる大量の楽譜の管理機能や、楽譜の取り込み機能が追加されたほか、iOS 7向けにデザイン刷新、カメラ撮影による楽譜取り込みなどに対応。
また、iPad限定機能として、音楽プレーヤー機能が利用可能です。

しました。また、デザインも一新し、100以 上に渡る改善を施すなど、より使いやすいビューアとなりました。

■piaScore 4.0 (iPhone/iPad) – 2014/01/24

  • 新しいユーザインタフェース、完全な iOS 7 対応
  • プレイリストとタグで、膨大な楽譜を管理できるようになりました
  • カメラ撮影で取り込みができるようになりました
  • 表紙が変更できるようになりました
  • 音楽プレーヤー機能が追加されました(iPad のみ)

無料楽譜ビューア piaScore(メトロノーム、チューナー、キーボード、レコーダー、ピアノ、ギターなど)
プラスアド – プラスアド株式会社、電子楽譜ビューア「piaScore」のバージョン 4.0 をリリース 〜デザインを一新、プレイリストなどによる楽譜の管理や、楽譜の取り込みも簡単に〜

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Pixelmator 3.1 Marble (Mac) 新しいMac Pro最適化、プリントオーダー(USのみ?)機能追加、レイヤースタイル改善など

Pixelmator 3.1 Marble
Mac向け画像編集ソフト最新版「Pixelmator」3.1 Marble がリリースされました。
価格は3,000円。旧バージョンから無料アップデートできます。

3.0より、OS X 10.7.5 以降、Mavericks (10.9)対応。
64ビットプロセッサMac対応となっています。

■Pixelmator 3.1 (Mac) – 2014/01/23
Pixelmator 3.1 Marble introduces new features and improvements, including the following:

  • Exclusive new Mac Pro support: Pixelmator 3.1 Marble takes advantage of the new Mac Pro’s incredible power and speed with its Dual GPU support. This means that in just about any edit you make, you will feel the remarkably smoother and more fluid performance.
  • 16-bit support on the new Mac Pro: The incredible power of the new Mac Pro allowed us to bring to Pixelmator exclusive 16-bits per channel color image support. You can now edit rich and vibrant images in Pixelmator 3.1 Marble on the new Mac Pro.
  • Order Prints: Bring your beautiful pictures to life as stunning high-quality and meticulously finished prints right from Pixelmator 3.1 Marble.

Pixelmator - Order Print

Optimized for the New Mac Pro

  • Both GPUs are used simultaneously when applying effects: one for computing the effect and the other one for composition rendering.
  • 16-bit per channel color images are supported.
  • The image auto saving is computed in the background while image composition is being rendered.
  • Optimizations made for all 4-core, 6-core, 8-core, or 12-core Intel Xeon processors for better zoom out handling and faster bitmap layer duplications.
  • GCD Dispatch I/O technology and PCIe-based flash storage makes opening and exporting high resolution images faster.
  • Increased memory bandwidth is fully utilized for Pixelmator operations.

Layer Styles Improvements

  • Now, you can select more than one layer with styles and change the opacity of the selected layers all at once.
  • When you move a selection made on layers with styles, the layer style always stays visible, even when you go to another app and back.
  • You can now apply styles on a new layer right after you’ve painted with the Paint Bucket Tool or the Pixel Tool.
  • When converting layers with styles into regular layers, the Opacity setting always stays intact.
  • When you clear layer contents, the layer style icon disappears as well.
  • The Styles palette stays active when you copy layers with styles into a newly created document.
  • You can now change the gradient fill for newly created text or shape layers from the Gradients palette without opening the Styles palette.
  • When you choose a color in the Colors palette, it doesn’t change the color choice in the Styles palette.
  • You can now remove style presets even if you have several layers with styles selected.
  • After you clear a layer style, you can now remove layer style presets.

Other Improvements

  • Pointillize, Pixelize, Mandala, Concert, City Lights, Color Hatch, X-ray, Infrared, Line Dye, Tracer, Scanner, Newspaper, Neon, ASCII, Blue Print and Projectile effects are now available again.
  • The effects’ rope is now more stable.
  • Improved RAW image file format support.
  • You can now turn off Auto Select on shape layers as well as on the others layers.
  • When you Control-click the selection on an empty layer, you can now choose Refine selection from the shortcut menu.
  • When grouped text layers are duplicated, the text stays visible.
  • When text or shape layers are converted into pixels, the Opacity setting stays intact.
  • Now you can drag a gradient preset to the Finder.
  • Improvements have been made for the outside stroke effect.
  • New layers are no longer added when painting with the Paint Bucket Tool set to 0% of Opacity.
  • Colors are updated in the Fill dialog correctly, whether you choose the dialog from the Menu bar or use the keyboard shortcut.
  • The “Low disk space” message no longer appears when there’s lots of space on the computer.
  • Improved localizations.
  • And other tiny-yet-annoying bugs, random graphical glitches, and crashes have been fixed.

Sneak Peak – Pixelmator 3.1 Marble from Pixelmator Team on Vimeo.

Pixelmator
OS X Mavericks
Pixelmator Blog – Pixelmator 3.1 Marble Fully Optimized for New Mac Pro

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top