Home

コトハノオト

Unicode 7.0がリリース 約250の絵文字など新たに2,834文字追加

Unicode Consortiumは6月16日(現地時間)、メジャーアップデートとなるUnicode Standard最新版「Unicode Standard version 7.0」(Unicode 7.0) を公開しました。

Unicode 7.0では、ロシアルーブルの新しい通貨記号「RUB」(2013年制定発表)、アゼルバイジャンマナトの新しい通貨記号、約250個の新しい絵文字、23の歴史的なスクリプトなど、計2,834文字が追加されています。

 →Unicode 7.0 Versioned Charts Index

Windowsで主に使われていたWingdingsやWebdingsフォントに含まれている絵文字の多くが、今回のUnicode Standardで取り込まれている模様。どうりで見覚えが(´・ω・`)。

Unicode 7.0 追加絵文字例

Notable character additions include the following:

  • Two newly adopted currency symbols: the manat, used in Azerbaijan, and the ruble, used in Russia and other countries
  • Pictographic symbols (including many emoji), geometric symbols, arrows, and ornaments originating from the Wingdings and Webdings sets
  • Twenty-three new lesser-used and historic scripts extending support for written languages of North America, China, India, other Asian countries, and Africa
  • Letters used in Teuthonista and other transcriptional systems, and a new notational set, Duployan

Other important updates in Unicode Version 7.0 include:

  • Significant reorganization of the chapters and layout of the core specification, and a new page size tailored for easy viewing on e-readers and other mobile devices
  • Alignment with updates to the Unicode Bidirectional Algorithm
  • Further clarification of the case pair stability policy, and a new stability policy for Numeric_Type
  • Significant updates to Unihan with the addition of nearly 3,000 new Cantonese pronunciation entries
  • Major enhancements to the Indic script properties that lay the foundation for improved, more interoperable display of these scripts

The Unicode Blog – Announcing The Unicode Standard, Version 7.0
The Unicode Consortium – Unicode Standard, Version 7.0.0

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

NTT東日本とJAL、訪日外国人観光客向けの無料Wi-Fiサービスで提携 14日間無料利用できるID/PWを提供

FREE Wi-Fi

NTT東日本と日本航空(JAL)は、訪日外国人観光客の利便性向上に関して提携し、JAL海外地区ホームページ (世界26地域、日本語を除く11言語) において2014年6月下旬より、NTT東日本「光ステーション」で利用できる無料Wi-Fiサービス (Free Wi-Fi) のIDとパスワードの提供を開始すると発表しました。
航空会社がNTT東日本と提携してIDとパスワードをオンライン上で提供する、初めての取り組みとのこと。

 →JAL国際線 – 海外地区 JALホームページのご利用について

海外発日本行きJAL便航空券を購入された旅行客に対し、JAL海外地区ホームページにて、NTT東日本が提供する公衆無線LANアクセスポイントサービス「光ステーション」に14日間無料で接続可能なIDとパスワードを提供。

今回の提携により、JALが持つ訪日外国人観光客との接点と、NTT東日本エリア約46,000カ所 (2014年5月31日時点) で提供している外国人短期滞在者向け無料Wi-Fiサービスを連携させ、利便性の向上による更なる利用促進を図ります。

JAL - NTT EAST Free Wi-Fi Service
JAL海外地区ホームページTOPの「NTT EAST free Wi-Fi」バナーをクリックすると、取得方法の説明画面が表示されます。画面の案内に従って操作し、IDとパスワードを取得します。

NTTBPが提供する「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリとも連携してほしいところですね。

NTT東日本 – JALとNTT東日本の訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスに関する提携について
JAL – JALとNTT東日本の訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスに関する提携について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

大英図書館、「マグナ・カルタ」制定800周年企画展を2015年開催 Webサイトオープン

julian harrison

大英図書館(British Library)は、「マグナ・カルタ(大憲章)」が来年2015年で制定800年を迎えるのを記念し、ちょうど1年前となる6月15日に展覧会Webサイトをオープンしました。今後数ヶ月にわたって詳細情報をWebサイトでお知らせする予定だそうです。

Magna Carta: Law, Liberty, Legacy
 会場: British Library (BL)
 期間: 2015年3月13日〜9月1日
 スポンサー: Linklaters

2012年から始まった調査プロジェクトの件ですね(´ω`)。

 →Reuters: 「マグナカルタ」の謎解明へ、制定800年に向けプロジェクト (2012/03/23)

BL Medieval manuscripts blog – Magna Carta Webpage Goes Live
BL Medieval manuscripts blog – Magna Carta in 500 Words (2012/02/21)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top