Home

コトハノオト

YouTube、48/60fpsサポートなど新機能/新サービスを発表

YouTube

YouTubeは6月26日(現地時間)、YouTubeクリエイター向けに幾つかの新サービスや新機能を発表しました。
その中のひとつ、今後数ヵ月以内に 48fps/60fps (従来30fpsのみ) にも対応する予定だそうです。

 参考: ニコニコ大百科 – 60fpsとは (ロクジュウエフピーエスとは) [単語記事]

YT Creator Channel でプレビュー動画が公開されています。

ほかにもいろいろな新機能が。

■Creator features coming to YouTube

  • YouTube Creator Studio: Did you know that after Rebecca Black uploaded “Friday,” she went on a school trip, not knowing for several days the video was going viral? To help you manage your videos on the go, the new YouTube Creator Studio app lets you see analytics, manage your videos and more. The app is available now on Android and launching on iOS in coming weeks and you’ll see some redesign of the Creator Studio on desktop too.
  • Audio Library, now with sound effects: You’ve used the hundreds of free songs in the Audio Library on millions of your videos. But until now, you’ve had to go through extreme lengths to make your own zombie screams and fighter plane sounds. To make your lives easier and videos better, from today you now have thousands of royalty-free sound effects at your disposal. We’ve also added more tracks to the Audio Library.
  • 60 (yeah, six-zero) frames per second: Your video game footage with crazy high frame rates will soon look as awesome on YouTube as it does when you’re playing, when we launch support for 48 and even 60 frames per second in the coming months. Take a look at some preview videos on the YT Creator Channel. Make sure you’re watching in HD!
  • Fan Funding: Your fans aren’t just watching your videos, they’re also helping support your channel through services like KickStarter, IndieGogo, Patreon and more. We’ll be adding another option for you, where fans will be able to contribute money to support your channel at any time, for any reason. A handful of creators are testing this feature soon on desktop and Android, including Dulce Delight, Fitness Blender, The Healthcare Triage, The King of Random, Soul Pancake, Steve Spangler Science, The Young Turks, and Thug Notes. If you’re interested in trying it on your channel, sign up here.
  • Creator Credits: Collaboration is a key to great videos on YouTube. You’re already giving your collaborators shout outs in your video descriptions. But what if those text-based shout outs were tags that let viewers click through to their channels, or let you search for a collaborator based on their work and location? That’s our vision for Creator Credits, stay tuned for more.
  • Subtitles contributed from fans: More than a billion people watch YouTube each month, but not all of them speak the same language and some are deaf or hard of hearing. Automatic speech recognition and automatic translation on YouTube can help, but your fans can do an even better job. In the coming months, your fans will be able to submit translations in any language based on the subtitles or captions you’ve created, helping you reach even more viewers. You can try this out now on Barely Political, Fine Art-Tips, Got Talent Global and Unicoos.
  • Info Cards: Annotations are useful, but not as ridiculously good looking as say, Blue Steel. In the near future, you’ll see our new interactive information cards with a clean look, which you’ll beable to program once to work across desktop, phones and tablets.
    SiriusXM & YouTube: We love supporting artists, and so do our friends at SiriusXM. That’s why we teamed up to launch “The YouTube 15,” a weekly show on SiriusXM’s Hits 1 hosted by Jenna Marbles and featuring the biggest names and rising stars in music from YouTube.
  • More ways to playlist: Along with playlists analytics we recently added to analytics, expect to see more ways to create playlists, so that all the time you spend building them translates into easier discovery for viewers and better results for you.

YouTube Creator Studio
YouTube Creators Blog – Look ahead: creator features coming to YouTube

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Google ドライブでMS「Office」ファイルを直接編集可能に 統合されたQuickofficeは提供終了へ

Work with any file, on any device, any time with new Docs, Sheets, and Slides

Googleは6月25日(現地時間)、米サンフランシスコで開催されている開発者カンファレンス「Google I/O 2014」の基調講演で、モバイルアプリやGoogle ドライブから直接、Microsoft Officeドキュメントをネイティブ編集できる機能を発表しました。

従来は、WordやExcel、PowerPointのファイルをGoogle App上で開く際、いったんGoogleのDocs(ドキュメント)/Sheets(スプレッドシート)/Slides(スライド)形式に変換していましたが、以前にGoogleが買収したQuickofficeが、Googleドキュメント/Googleサイト/Googleスライドに統合されたことにより、変換なしでOfficeファイルを直接開いて編集・保存可能に。

そして、今回のQuickoffice統合に伴い、iOS/Androidアプリも開発・提供終了とのこと。

 →Google Apps アップデートブログ: Quickoffice を Google Play と App Store から削除
 →ITmedia: Google、Quickofficeの提供を終了へ Google Docsへの統合で

あわせてGoogle ドライブアプリもアップデートされていますね。

■Google ドライブ 3.1.0 (iPhone/iPad) – 2014/06/25

  • 新着アイテム ビュー: ファイルが共有されるとすぐに確認できます
  • 履歴ストリーム: ファイルやフォルダの変更内容を詳細パネルから確認できます
  • リンクを知っているユーザーなら誰でもファイルやフォルダを閲覧、コメント、編集できるように設定できます
  • 画像や動画のアップロード時間が短くなりました
  • バグ修正とパフォーマンスの向上

また、企業向けGoogle Driveサービスとして容量無制限の「Google Drive for Work」を発表。データを安全に保管し、管理するための重要なセキュリティ機能など企業向け機能を備え、1ユーザーあたり1,200円/月で提供。

すでに Google Apps for Businessを利用している場合、管理コンソールからアップグレードすることで、無制限ストレージ容量などの新機能を追加できます。

Google ドライブ – Google の無料オンライン ストレージ -
Google Drive Blog – Meet the new Google Drive
Google エンタープライズ公式ブログ – Google Drive for Work であなたのビジネスを無制限に

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Yahoo!地図 4.3.1 (iPhone/iPad) どの道から来たかがわかる軌跡(足あと)機能の追加

Yahoo! 地図

Yahoo! 地図のiPhone/iPad向けアプリ「Yahoo!地図」(無料) 4.3.1 がリリースされました。

■Yahoo!地図 for iOS 4.3.1 (iPhone/iPad) – 2014/06/24
どの道から来たか一目瞭然!軌跡機能を搭載しました。(アプリの設定からオンオフ設定が可能です。)
他にもより使いやすくなった変更点が盛りだくさんです。
・検索画面の文字を大きく見やすく変更。
・現在地の誤差円を表示。
・住所から探した履歴と検索履歴を統合し、1件ずつ消去可能に。

初回のキープリスト取得時にエラーとなる不具合を修正しました。その他いくつかの不具合を修正しました。

Yahoo!地図
Yahoo!地図ブログ

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top