Home

コトハノオト

JWAとfeedtailor、XバンドMPレーダー情報で雨雲を予測表示するiOSアプリ「そらレーダー」

そらレーダー

日本気象協会(JWA)提供のXバンドMPレーダーによる予測情報を用い、周囲の雨雲(降雨)を予測表示する、iPhone/iPad向け雨雲予測アプリ「そらレーダー」がリリースされました。
アプリ本体は無料。アプリ内課金あり。

販売元: feedtailor Inc.
© feedtailor Inc.

直前の雨雲の様子(1kmメッシュ)や直近5分間の雨雲予測(250mメッシュ)を表示したり、雨雲画像をSNSに投稿するといった基本的な機能を利用する分(&広告表示)には無料ですが、「そらレーダー予測」アドオンを購読(100円/月、1ヵ月毎に自動継続)することでフル機能を利用できるようになります。

■そらレーダー予測購読(月額)

  • 1時間後までの予測を表示
  • 現在地および登録した地点 (最大2ヵ所まで) の1時間以内の降雨予報を通知
  • 広告非表示

有料部分でもいいので、雷などの注意報が現地で発表されたらプッシュ通知してくれる機能もあるといいかも(´ー`)

そらレーダー
feedtailor. Inc, スタッフブログ – 雨雲予測アプリ そらレーダーを公開します (2014/08/04)
JWA – 雨雲予測アプリ「そらレーダー」をリリース!~250メートルメッシュで雨雲の位置をお知らせします~ (2014/08/04)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

気象庁、高解像度で雨雲(降水)を解析・予測「高解像度降水ナウキャスト」8/7開始

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」

気象庁は、降水域の分布を高い解像度(予測精度)で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を8月7日13時より開始します。スマートフォン版ページも用意されており、たぶん共通URLで利用できるかと。

2012年度より気象庁では全国20カ所の気象ドップラーレーダー処理装置を順次更新整備し、降水強度の観測を250m四方のデータとして処理できるよう機能を強化するとともに、強い降水域の解析・予測技術の開発を進めていました。
今回提供される「高解像度降水ナウキャスト」では、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250mメッシュ(従来の降水ナウキャストでは1km)の細かさで予測し、5分間隔で提供します。

■解析例: 東京都内で大量の降ひょうがあった2014年6月24日14時40分)
 高解像度降水ナウキャストの解析例

 参考: 降水短時間予報と降水ナウキャスト

標準では8カラー(段階)ですが、地図下のカラーボタンでカラー/モノクロ切り替えや、アメダスボタンでの10分間雨量値、ツールボタンで各種情報表示や設定も可能です。

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」モノクロ表示

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」モノクロ表示

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」アメダス

地図をある程度(都道府県レベル?)まで拡大していくと、30分後までの雨の強い降水域の範囲を表示する「雨の動き」や、竜巻発生確度・落活動度を表示するボタンも現れるようになります。

なお、今回の高解像度化に際して、気象ドップラーレーダーのデータに加え、気象庁/国土交通省/地方自治体が保有する全国約1万カ所の雨量計観測データ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省XRAINデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析することにより精度向上を図っているとのことです。

追記:
パソコンと同じURL (http://www.jma.go.jp/jp/highresorad/) へiPhoneなどスマートフォンでアクセスするとこんか感じに。

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」スマートフォン版

JMA – 高解像度降水ナウキャストの提供を開始します (2014/07/25)
NHKニュース – 高精度の雨雲予測システム公開へ 気象庁 (2014/08/06)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Google、Mac向け「Chrome」64bit版を提供開始 (Dev channel/Canary build)

Google Chrome Canary

6月のWindows向け64bit版Chrome (Dev channel / Canary build) に続き、Mac向けにもDev channelおよびCanary buildでの64bit版配布が始まりました。

The Chromium Projects: Chrome Release Channels

  • Stable channel (安定版)
    This channel has gotten the full testing and blessing of the Chrome test team, and is the best bet to avoid crashes and other issues. It’s updated roughly every two-three weeks for minor releases, and every 6 weeks for major releases.
  • Beta channel (ベータ版)
    If you are interested in seeing what’s next, with minimal risk, Beta channel is the place to be. It’s updated every week roughly, with major updates coming every six weeks, more than a month before the Stable channel will get them.
  • Dev channel (開発版)
    Want to see what’s happening quickly, then you want the Dev channel. The Dev channel gets updated once or twice weekly, and it shows what we’re working on right now. There’s no lag between major versions, whatever code we’ve got, you will get. While this build does get tested, it is still subject to bugs, as we want people to see what’s new as soon as possible.
  • Canary build (テスト版)
    Canary builds are the bleeding edge. Released daily, this build has not been tested or used, it’s released as soon as it’s built. Because there’s no guarantee that it will even run in some cases, it uses it’s own profile and settings, and can be run side by side another Chrome channel. By default, it also reports crashes and usage statistics to Google (you can disable this on the download page).

Google Chrome 64bit (Canary)

■Google Chrome Canary 動作に関する注意
Canary はデベロッパーや開発段階の機能に興味があるユーザー向けに設計されており、動作が安定しない可能性があります。

毎日アップデート:
Canary はほぼ毎日更新され、新機能が追加されます。

並行インストール
開発とテストを支援するため、Canary は Chrome 正式リリース版と同時に実行できるようになっています。

■64bit Chrome / Main advantages (参考:Windows向け64bit版公開時の情報)

  • Speed: 64-bit allows us to take advantage of the latest processor and compiler optimizations, a more modern instruction set, and a calling convention that allows more function parameters to be passed quickly by registers. As a result, speed is improved, especially in graphics and multimedia content, where we see an average 25% improvement in performance.
  • Security: With Chrome able to take advantage of the latest OS features such as High Entropy ASLR on Windows 8, security is improved on 64-bit platforms as well. Those extra bits also help us better defend against exploitation techniques such as JIT spraying, and improve the effectiveness of our existing security defense features like heap partitioning.
  • Stability: Finally, we’ve observed a marked increase in stability for 64-bit Chrome over 32-bit Chrome. In particular, crash rates for the the renderer process (i.e. web content process) are almost half that of 32-bit Chrome.

Chromium Blog – Try out the new 64-bit Windows Canary and Dev channels (2914/06/03)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top