Home

コトハノオト

Google、最新の「Google Chrome 36」 (36.0.1985.143) 安定版 公開

Google Chrome

Google Webブラウザーの「Google Chrome 36」安定版(Stable Channel) 36.0.1985.143 がリリースされました。
(Windows, Mac, Linux)

内蔵Flash Player 14のセキュリティアップデート(APSB14-18)に加えて、セキュリティ部分については12件の脆弱性修正が実施されています。

■Security Fixes and Rewards
This update includes 12 security fixes. Below, we highlight fixes that were either contributed by external researchers or particularly interesting. Please see the Chromium security page for more information.

  • [$2000][390174] High CVE-2014-3165: Use-after-free in web sockets. Credit to Collin Payne.
  • [398925] High CVE-2014-3166: Information disclosure in SPDY. Credit to Antoine Delignat-Lavaud.

As usual, our ongoing internal security work responsible for a wide range of fixes:

  • [400950] CVE-2014-3167: Various fixes from internal audits, fuzzing and other initiatives.

Google Chrome Release – Stable Channel Update

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Adobe、Flash Player/AIR (Windows/Mac) とReader/Acrobat (Windows) のセキュリティアップデート [APSB14-18, APSB14-19]

Adobe Systemsは8月12日(現地時間)、予告されていたAdobe Reader/Adobe Acrobat、およびFlash PlayerAIRに関するセキュリティ情報を公開、アップデート版をリリースしました。

APSB14-18 – Security updates available for Adobe Flash Player
AFFECTED SOFTWARE VERSIONS
– Adobe Flash Player 14.0.0.145 and earlier versions for Windows and Macintosh
– Adobe Flash Player 11.2.202.394 and earlier versions for Linux
– Adobe AIR 14.0.0.110 and earlier versions for Windows and Macintosh
– Adobe AIR 14.0.0.137 SDK and earlier versions
– Adobe AIR 14.0.0.137 SDK & Compiler and earlier versions
– Adobe AIR 14.0.0.137 and earlier versions for Android

APSB14-19 – Security Updates available for Adobe Reader and Acrobat
AFFECTED SOFTWARE VERSIONS
– Adobe Reader XI (11.0.07) and earlier 11.x versions for Windows
– Adobe Reader X (10.1.10) and earlier 10.x versions for Windows
– Adobe Acrobat XI (11.0.07) and earlier 11.x versions for Windows
– Adobe Acrobat X (10.1.10) and earlier 10.x versions for Windows
※Mac向けAdobe Reader/Acrobatの同バージョンは影響を受けないとのことで、今回アップデートなし。

Flash Player/AIR、Adobe Reader/Acrobatの優先度は「1」。
直ちに(例えば72時間以内)適用することを推奨。

これにより、各OS環境用バージョンは以下のものが最新に。

Adobe Flash Player: (バージョンチェック)
– Adobe Flash Player 14.0.0.176 (Internet Explorer、Mac)
– Adobe Flash Player 14.0.0.179 (Windows NPAPI plugin for Firefox)
– Adobe Flash Player 14.0.0.177 (Google Chrome)
– Adobe Flash Player 11.2.202.400 (Linux)

Adobe AIR:
– Adobe AIR 14.0.0.178 (Windows/Mac)
– Adobe AIR 14.0.0.179 (Android)
– Adobe AIR SDK and Compiler 14.0.0.178 (Windows/Mac/Android/iOS)
– Adobe AIR SDK 14.0.0.178 (Windows/Mac/Android/iOS)

Adobe Reader/Acrobat:
– Adobe Reader/Acrobat XI 11.0.08 (Windows)
– Adobe Reader/Acrobat X 10.1.11 (Windows)

Adobe PSIRT Blog – Adobe Security Bulletins Posted
Adobe – Flash Player バージョン確認
アドビ – Flash Player Help – Google Chrome での使用に関するよくある質問(Flash Player)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

KDDIやGoogleなど6社、日米を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「FASTER」 NECが受注

Submarine Cable Map
参考:Submarine Cable Map
※2014年8月5日現在

日本周辺の海底ケーブルはこんなにいっぱい Σ(・∞・)

KDDI、China Mobile International (中国)、China Telecom Global (中国)、Google (米国)、SingTel (シンガポール) およびGlobal Transit (マレーシア) の計6社によるコンソーシアムは8月11日、日本と米国を結ぶ光海底ケーブルを新たに敷設する「FASTER」プロジェクトを発表しました。

この新プロジェクトは、昨今のスマートフォンやタブレットの浸透、LTE網等の高速無線通信の拡充で爆発的に増加している日米間のインターネットトラフィック需要に対応するため、日本側の千倉(千葉)/志摩(三重)の2か所と米西海岸とを結ぶ、総延長約9,000kmの海底ケーブルです。約3億米ドルをかけて建設し、2016年度第1四半期に運用開始を予定しています。

これに関連して、NECがシステム供給を受注したとの発表も。

 →NEC: NEC、日米を結ぶ太平洋横断大型光海底ケーブル「FASTER」を受注

FASTERプロジェクト

FASTERでは、2013年6月より稼働している千倉〜東南アジアを結ぶSJC (South-East Asia Japan) や、同じく日米間「Unity」海底ケーブルとも接続する計画だそうです。

 →KDDI: 日本~シンガポール間光海底ケーブル「SOUTH-EAST ASIA JAPAN CABLE SYSTEM」の運用開始について 〈参考〉 (2013/06/27)
 →KDDI: 日本~米国間光海底ケーブル「Unity」の運用開始について〈参考〉 (2010/04/01)

KDDI – 日本~米国間光海底ケーブル「FASTER」の共同建設協定締結について
NEC – 海底ケーブルの秘密に迫る! ~世界の海に沈んでいる知られざる“光の道”【前編】

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top