Home

コトハノオト

Adobe、「Flash Player 16」などセキュリティアップデート公開 [APSB14-27, 28]

Adobe Systemsは12月9日(現地時間)、予告されていたAdobe Reader/Adobe Acrobat、およびFlash PlayerAIRに関するセキュリティ情報を公開、アップデート版をリリースしました。

また、3Dコンテンツやゲームのパフォーマンス向上や、新しいAPIによる最新デバイスでのブラウジング環境向上など、新機能追加・改善も行われており、Flash Playerのバージョン番号が 16 (16.0.0.235) に上がっています。

 →Flash Runtime 16 Update – New PPAPI Installers and AIR news!
 →Release Notes | Flash Player® 16 AIR® 16

■Flash Player 16 新機能

  • PPAPI Installers for Windows and Mac
    We’re pleased to announce that we now have PPAPI installers for the standard version of Flash Player for Windows and Mac. Previously, this version of Flash Player was available only as an integrated component of Google Chrome. With the introduction of these installers, Flash Player is now available for all Chromium based browsers using the PPAPI interface. Please note that these installers are not required nor used by Google Chrome. Chrome will continue to include Flash Player without requiring any additional installation.
    Customers can download the PPAPI based installer from http://get.adobe.com/flashplayer or http://get.adobe.com/flashplayer/otherversions

    Developers interested in using the PPAPI debuggers can download the installers from the Flash Player Support Center.

  • Stage3D – Standard Constrained Profile
    In version 14 of the Runtime we added the new Standard profile to desktop systems. This improvement in 3D graphics brought massive improvements to both Flash Player and AIR. In Version 15 we expanded that to mobile devices in AIR.

    In Flash Player 16 we’ve added a new Standard Constrained profile. Like Baseline Constrained, Standard Constrained targets older and lower powered GPUs on both desktop and mobile devices.

    While Standard profile reached a little over 20% of all iOS devices, the new Standard Constrained profile can now reach more than 85% of iOS devices! Developers can access this new mode by using the new STANDARD_CONSTRAINED constant in Context3DProfile. The chart below breaks down the differences between the different profiles that are currently available.

■セキュリティ情報
APSB14-27 – Security updates available for Adobe Flash Player
AFFECTED SOFTWARE VERSIONS
– Adobe Flash Player 15.0.0.242 and earlier versions
– Adobe Flash Player 13.0.0.258 and earlier 13.x versions
– Adobe Flash Player 11.2.202.424 and earlier versions for Linux

APSB14-28 – Security Updates available for Adobe Reader and Acrobat
AFFECTED SOFTWARE VERSIONS
– Adobe Reader XI (11.0.09) and earlier 11.x versions
– Adobe Reader X (10.1.12) and earlier 10.x versions
– Adobe Acrobat XI (11.0.09) and earlier 11.x versions
– Adobe Acrobat X (10.1.12) and earlier 10.x versions

Flash Player/AIR、Adobe Reader/Acrobatの優先度は「1」。
直ちに(例えば72時間以内)適用することを推奨。

これにより、各OS環境用バージョンは以下のものが最新に。

Adobe Flash Player: (バージョンチェック)
– Adobe Flash Player 16.0.0.235 (Flash Player Desktop Runtime)
– Adobe Flash Player 16.0.0.235 (Google Chrome)
– Adobe Flash Player 16.0.0.235 (Internet Explorer 10/11)
– Adobe Flash Player 11.2.202.425 (Linux)

Adobe Reader/Acrobat:
– Adobe Reader/Acrobat XI 11.0.10 (Windows/Mac)
– Adobe Reader/Acrobat X 10.1.13 (Windows/Mac)

Adobe PSIRT Blog – Adobe Security Bulletins Posted
Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog – Flash Runtime 16 Update – New PPAPI Installers and AIR news!
Adobe – Flash Player バージョン確認
アドビ – Flash Player Help – Google Chrome での使用に関するよくある質問(Flash Player)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Apple、「iOS 8.1.2」リリース 購入した着信音が削除されてしまう不具合を修正

iOS 8

米Appleは12月9日(現地時間)、最新の「iOS 8.1.2」を配信開始しました。Mac/Windows向けiTunesから、または各iOS端末の設定アプリ(一般→ソフトウェアアップデート)から更新を行えます。

アップデート方法は「iOS:iPhone、iPad、iPod touch をアップデートするには」をご覧ください。

■iOS 8.1.2
このリリースには、バグの修正が含まれます。また、iTunes Storeで購入した着信音がデバイスから削除される問題が解決されます。これらの着信音を復元するには、iOSデバイスからitunes.com/restore-tonesにアクセスしてください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

Apple – iOS

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ATOK for iOS 1.2.0 (iPhone/iPad) 擬似インライン入力が可能に

ATOK for iOS

ジャストシステムから、iPhone/iPad向けキーボードアプリ(日本語入力システム)「ATOK for iOS」ver.1.2.0 がリリースされました。
動作条件は、iOS 8〜搭載のiPhone/iPad、iPod touch。

価格: 1,500円
販売元: JustSystems Corporation
© 2014 JustSystems Corporation

本バージョンでは、入力中の文字をカーソル位置に直接表示できる、インライン風入力「カーソル位置入力」機能を搭載。画面に直接入力を行うタイプのアプリでの入力がスムーズになるほか、検索を多用するアプリでインクリメンタルサーチを利用できます。
また、iPhone 6/6 Plus上でキーボードの幅寄せ設定や、「ATOKメニュー」から設定画面をすぐに呼び出せるようにするなどの強化も実施。

ATOK for iOS

■ATOK for iOS 1.2.0 (iPhone/iPad) – 2014/12/09
– 入力中の文字をカーソル位置に直接表示できるカーソル位置入力機能を追加しました。
– iPhone 6, 6 plus 上で幅寄せのオン・オフを設定できるようになりました。
– キーボードから設定を呼び出せるATOKメニューを追加しました。ATOKキーを長押しで呼び出せます。
– 英語QWERTYキーボードで「確定」キーを押したときに、自動的に空白を挿入しないように変更しました。
– その他細かな不具合を修正しました。

アップデート後、キーボードをはじめてATOKに切り替えた時に以下のようなメッセージが表示されます。「アプリを確認」をタップすると「ATOK for iOS」アプリ内の設定メニューへ変わり、「カーソル位置入力」を有効化できます。「ATOK for iOS」アプリを直接開いても同じ。

ATOK for iOS カーソル位置入力

※「カーソル位置入力」はiOS標準キーボードでの入力中の表現を擬似的に実現したため、制限があります。
・入力対象のアプリによっては、本機能が正常に動作しない場合があります。
・入力中の文字の背景が青くなりません。変換中は候補一覧の上に変換中の文字が表示されます。
・文字入力中に(タップなどで)カーソル位置を変更するとその時点で入力中の文字列が確定されます。
・入力対象のアプリによっては、入力の「取り消し」動作に影響する場合があります。

今後の開発予定として、キーボードの種類を増やしたり、Mac/Windows向け「ATOK」と登録単語の共有が行える「ATOK Sync アドバンス」をはじめとした「ATOK」ならではの機能・サービスを開発していくそうですので、さらに期待(´ω`)

※現時点では以下のキーボードを追加予定。
– iPhone/iPad:テンキー(ジェスチャー※)キーボード
– iPhone/iPad:絵文字キーボード
– iPhone/iPad:顔文字キーボード
– iPhone/iPad:記号キーボード

ATOK for iOS
ジャストシステム – iPhone/ iPod touch/ iPad向け日本語入力システム「ATOK for iOS ver.1.2.0」公開

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top