Home

コトハノオト

Google Chome 新規タブで世界の名画を表示する公式拡張機能「Google Art Project」

Google Art Project

Googleが世界各地の美術館や博物館、文化施設などと協力してオンライン公開している「Google Cultural Institute」プロジェクトのひとつ「Art Project」において、Google Chrome ブラウザー機能拡張をChrome ウェブストアで提供開始しました。

 →Chrome ウェブストア – Google Art Project

追加すると、Google Chromeで新しいタブを開く際に、ランダムで世界のアートワークを表示するようになります。
拡張機能のオプション設定により、デイリー、または新しいタブを開くたびにアートワークを切り替え表示できます。

Google Art Project - オプション設定

Google Cultural Institute

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ATOK for iOS 1.4.0 (iPhone/iPad) キーボード幅寄せインターフェース強化、サイズや位置を数種類のパターンから選んで設定可能に キーボードの着せかえも提供

ATOK for iOS

ジャストシステムから、iPhone/iPad向けキーボードアプリ(日本語入力システム)「ATOK for iOS」ver.1.4.0 がリリースされました。
動作条件は、iOS 8〜搭載のiPhone/iPad、iPod touch。
ver.1.3.0から ATOK Sync 対応。

価格: 1,500円
販売元: JustSystems Corporation
© 2014 JustSystems Corporation

■ATOK for iOS 1.4.0 (iPhone/iPad) – 2015/03/13

  • キーボードの位置やサイズを選択して、より入力しやすく
    キーボードの幅寄せインターフェースを設計し直し、入力しやすさの観点から、キーボードのサイズや位置を設定できる数種類のパターンを用意しました。自分に最適なサイズや位置のパターンを選んで利用できます。
    ※キーボードの位置やサイズ設定はiPhone 6 Plus, iPhone 6の縦画面のみに対応しています。
    ※iPhone 6 では、「画面表示の拡大」設定が「標準」の場合のみに対応しています。
  • テンキーの入力スタイルを、使い慣れたものに
    テンキーの入力スタイルを、フリック入力やトグル入力など4種類から選べるようにしました。これまで使い慣れた入力方法をiPhone 6やiPhone 6 Plusでも使い続けることができます。また、文字削除キーの上フリックで、カーソル右の文字を消せるようにしました。
  • キーボードを「ホワイト」「ダーク」「ゴールド」に着せかえ
    iPhone 6、iPhone 6 Plusの筐体デザインにあわせて、「ホワイト」「ダーク」「ゴールド」の中から選んでキーボードを着せかえられるようになりました。
  • 「絵文字」「顔文字」「記号」の専用キーボードを新搭載
    「絵文字キーボード」「顔文字キーボード」「記号キーボード」を新たに搭載しました。「ATOK」キーからスライドや長押しですぐにキーボードを切り替えられ、入力までスムーズに行えます。

なお、2015年3月31日までに、「ATOK for iOS」と「ATOK Passport」もしくは「ATOK Passport [プレミアム]」の両方にユーザー登録すると、契約中の「ATOK Passport」「ATOK Passport [プレミアム]」が最大3ヶ月間無料となる「ATOK for iOSとセットでATOK Passport最大3ヵ月無料キャンペーン」実施中です。

ATOK for iOS
ジャストシステム – キーボードのカスタマイズ設定で、より入力しやすくなった「ATOK for iOS ver.1.4.0」を、本日公開

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Adobe、「Flash Player 17」(17.0.0.134) セキュリティアップデート公開 [APSB15-05]

米Adobeは3月12日(現地時間)、セキュリティアップデートを実施した「Flash Player 17」を公開しました。
最新バージョン番号は、Windows/Mac向け 17.0.0.134 、延長サポート版 13.0.0.277 、Linux向け 11.2.202.451 になります。
Windows/Mac向けは16から17に上がってるのね。

■Adobe Security Bulletin

Security updates available for Adobe Flash Player (APSB15-05)
Affected software versions:
 - Adobe Flash Player 16.0.0.305 and earlier versions
 - Adobe Flash Player 13.0.0.269 and earlier 13.x versions
 - Adobe Flash Player 11.2.202.442 and earlier 11.x versions

Summary:
Adobe has released security updates for Adobe Flash Player for Windows, Macintosh and Linux. These updates address vulnerabilities that could potentially allow an attacker to take control of the affected system. Adobe recommends users update their product installations to the latest versions:

Windows/Mac版、および延長サポート版のセキュリティ緊急度が「優先度1」になっていますので、速やかに最新版へバージョンアップを。

Windows/Mac/LinuxのGoogle Chrome用Flash Playerについては、Google Chrome側アップデートにより最新版に。

 →Chrome Releases – Stable Channel Update (2015/03/10)

 →マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2755801)
Internet Explorer 上の Adobe Flash Player の脆弱性に対応する更新プログラム
(2015/03/11更新)

なお、Adobe Flash Player 17 (Adobe Air 17)のリリースノートはこちら。

 →Release Notes | Flash Player® 17 AIR® 17

Flash 17 New Features

  • Flash Player Control Panel Improvements
    The system control panel will now display the currently installed version of Flash Player’s ActiveX, NPAPI, and PPAPI plugins. We’ve also clarified how Chrome and Chromium (PPAPI) users can edit their Flash Player settings.
  • Flash Player Mac Installer Improvements
    The Mac installer will no longer request users close the Chrome browser during installation. In future versions we’ll work to further improve the user experience of our installers.
  • ADT Packaging Time Improvement with Support for Parallel Compilation for iOS

    AIR 16 introduced support for compilation and packaging of iOS applications for both 32 bit and 64 bit platforms. With this improvement, we can now compile 32 and 64 bit architecture in parallel to cut packaging times up to 50 percent.
  • VideoTexture Support in AIR for Windows, Mac and iOS
    We’ve introduced a new ActionScript feature that allows hardware accelerated video to be used as a source texture in a Stage3D environment. Currently, using video with Stage3D requires the use of the Video object, which is not accelerated, and manipulation of the bitmap representations of the video frames. This new feature, called VideoTexture, allows direct access to a texture object that is sourced from a Netstream or Camera object. As of the first Flash Player 17 this feature is back and now available on AIR Mac, Windows and iOS. Look for Android support in an upcoming release. Please see the VideoTexture blog post for implementation details.
  • Stage3D – Standard Extended Profile for AIR Mobile
    In recent releases of the Runtime we’ve added support for Standard and Standard Constrained Stage3D profiles. With AIR 17 we’re adding a new Standard Extended Profile for iOS and Android devices that support GLES3. Availability of the “standardExtended” profile indicates the availability of AGAL3. The same profile name can then be used in requestContext3D and requestContext3DMatchingProfiles methods of Stage3D.

    The “standardExtended” profile requires OpenGL ES 3.0 which is present on many high end smartphones and tablets. AGAL3 increases register limits for vertex attributes, fragment constants and tokens. While we’re focusing on mobile first, we anticipate bringing this functionality to the desktop in a future update.

    To assemble the new AGAL, update AGALMiniAssembler.as (AGAL v3) from https://github.com/adobe-flash/graphicscorelib/.

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security updates available for Adobe Flash Player (APSB15-05)
Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog – Flash Runtime 17 and more!
JPCERT/CC – Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB15-05) に関する注意喚起
Adobe – Flash Player バージョン確認

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top