Home > 気象/宇宙

気象/宇宙 Archive

気象庁、登山者向けに火山情報を提供開始

Volcano

御嶽山の噴火を踏まえて、気象庁は10月10日、最新火山情報を登山者向けなどにも迅速かつ的確に提供するため、気象庁Webサイト火山登山者向けの情報提供ページを設置し、17時より提供を開始しました。

日本地図上から、噴火警報や火山の状況に関する解説情報を現在発表している火山を選んで、対象火山の活動状況や報警報事項、対象市町村等、防災上の警戒事項、その他火山の状況に関する解説情報等を確認できます。

ただ、トップページからアクセスできますが基本的にPC向けページで、利用シーンを考えるとスマホ向け画面表示に最適化してほしいところでもあります(´・ω・`)

j気象庁 火山登山者向けの情報提供ページ

[参考: スマートフォンからの表示]
気象庁 火山登山者向けの情報提供ページ

気象庁 – 火山登山者向け情報提供の改善について (2014/10/10)
気象庁 – 平成27年3月より量的降灰予報をはじめます

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

10/08、日本では3年ぶりの皆既月食 ウェザーニュース「SOLiVE24」などでライブ中継

ウェザーニューズは、2014年10月8日に日本全国各地で観測できる「皆既月食」の模様を楽しめるよう、8日18時より24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」や特設サイト“皆既月食2014”にて、見え方が反対になる北半球の日本と南半球のオーストラリアから同時にライブ中継すると発表しました。
「皆既月食」は、太陽と地球、月が一直線に並び、月がすべて地球の影に入る現象で、日本では3年ぶりに全国各地で観測可能。ただし、地域によっては天候の関係で見えない場合もあります。

参考:NASA

全国的に18時14分頃から満月が欠けて月食が始まり、19時24分頃には地球の影にすべて隠れる皆既状態になるそうです。
次回皆既月食は、来年2015年4月4日。その次に見られるのは2018年1月31日とのこと。

ウェザーニュース「皆既月食2014」

 パソコン (Web): 特設サイト「皆既月食2014
 スマートフォン:
  iPhone (App Store): ウェザーニュース タッチ
  Android (Google Play): ウェザーニュース タッチ

YouTubeやニコニコ生放送でもライブ中継が行われるようですね。

ほか、NASAなどでもWebcast配信予定。

Broadcast live streaming video on Ustream

さらに、特別企画として、「ウェザーニュースタッチ」内の星空Ch.で提供している「流星キャッチャー」を活用した、“皆既月食”の「始まり」と「ピーク」をお知らせするサービスの登録受付も開始。
既に流星キャッチャーを登録している方は、今回も再登録必要なし。

ウェザーニュース タッチ - 皆既月食2014

皆既月食2014/10/08

ウェザーニュース タッチ
Moon Book
YouTube
niconico
WNI – 明日は3年ぶりの皆既月食、日本とオーストラリアから「SOLiVE24」で生中継 (2014/10/07)
国立天文台 – ほしぞら情報2014年10月 – 皆既月食

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

JAXA、ひまわり8号/H-IIA25号機 10/07 14:16 打ち上げ YouTube/ニコ生でライブ中継

静止気象衛星「ひまわり8号」を搭載した、三菱重工業およびJAXAによるH-IIAロケット25号機が、本日10月7日14時16分頃に種子島宇宙センターから打ち上げられる予定で、打ち上げの模様がライブ中継されます。

YouTube: 静止気象衛星「ひまわり8号」打ち上げ中継(H-IIAロケット25号機)

ニコ生: 気象衛星「ひまわり8号」/H-IIAロケット25号機 打ち上げ生中継

今回打ち上げられる「ひまわり8号」は、世界最先端の観測カメラを搭載し、次世代気象衛星として世界で最初に打ち上げられます。また、「ひまわり8号・9号」からはPFI (民間資金等活用事業) という枠組が導入され、運用等事業を気象衛星ひまわり運用事業株式会社が担うことになります。

ひまわり8号・9号 – 運用計画 / 気象衛星センター
ひまわり8号・9号は、現在運用中の運輸多目的衛星ひまわり7号 (MTSAT-2) の後継衛星です。ひまわり8号は平成26年 (2014年) に打ち上げ、軌道上で機能の確認試験を実施した後、平成27年 (2015年) の運用開始を計画しています。また、ひまわり9号は平成28年 (2016年) に打ち上げ、平成34年 (2022年) まで軌道上で待機する計画になっています。ひまわり8号・9号は最先端の観測技術を有する放射計 (AHI) を搭載し、米国や欧州などの他の次世代静止気象衛星に先駆けて運用を開始することから、国際的にも注目されています

JAXA – H-IIAロケット25号機による静止気象衛星「ひまわり8号」(Himawari-8)の打上げ時刻及び打上げ時間帯について (2014/10/05)
ファン!ファン!JAXA – ひまわり8号/H-ⅡAロケット25号機 打上応援サイト

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 気象/宇宙

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top