Home > ネット/Webサービス

ネット/Webサービス Archive

国立国会図書館、民間出版の無償オンライン資料(PDF/EPUBなど)納入を義務付ける「オンライン資料収集制度(eデポ)」7/1開始

国立国会図書館(NDL)は、2013年7月1日の改正国立国会図書館法施行にあわせて「オンライン資料収集制度(eデポ)」を開始すると発表しました。
国立国会図書館ホームページに納入受付ページを開設し、7月1日より電子データ納入の受付を開始する予定。

対象は、民間で出版された、無償かつDRM(暗号化)がかかっていない電子書籍や電子雑誌等のオンライン資料で、例えば、ネット上でPDF形式等で公開されている、年鑑、要覧、機関誌、調査報告書、事業報告書、学術論文、紀要、技報、ニュースレター、小説、実用書、児童書など。

納本制度で収集した紙の資料と同様、この制度により収集したオンライン資料を文化財として蓄積し、後世に伝えていくとのこと。

国立国会図書館 – 7月1日からPDF形式等の資料(報告書、論文、雑誌等)について、国立国会図書館への納入が義務付けられます

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Byline 4.2 (iPhone) Feedly同期に対応

Byline

iPhone/iPod touxh向けGoogle Readerクライアント「Byline」(250円)および広告付き無料のiPhone/iPadアプリ「Byline Free」(アドオン購入: Byine Premiumで広告非表示など)が 4.2 にアップデートされました。

販売元: Milo Bird
© 2012 Phantom Fish

7月1日終了予定のGoogle Readerにかわり、Feedlyを代替サービスとして決定。
Feedlyへの切り替えを記念して、Byline Premiumへのアップグレードをアプリ内課金にて超特別価格にて提供されています (7月1日まで)

■Byline 4.2 – 2013/06/28

  • サービス停止するGoogleリーダーの代わりに、BylineはFeedlyと同期するようになりました!7月1日にGoogleリーダーが利用できなくなるまでにGoogleアカウントでFeedlyにログインすると、フィード、フォルダ、スター付きアイテムが自動的に引き継がれます。
  • キャッシュされたWebページ上で動画やその他のJavaScriptコンテンツが楽しめるようになりました。
  • より最適なパフォーマンスと互換性のために、Webページのキャッシュ機能を調整しました。
  • 簡体字中国語の翻訳を追加しました。
  • 皆様のご要望により、同期ボタンを元に戻しました!
  • 注意: 本アップデート時に、いくつかの設定項目がリセットされてしまうことがあります。ご迷惑をお掛けします。

Byline Byline - Phantom Fish
Phantom Fish – Byline

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Microsoft、Office 365 サブスクリプション版「SkyDrive Pro」iOSアプリをリリース

SkyDrive Pro

米Microsoftは6月27日、Office 365 または SharePoint Online の一部として提供されている、企業向けクラウドストレージサービス「SkyDrive Pro」のiOSおよびWindows 8/RT向けクライアントアプリを各アプリストアで配信開始したと発表しました。
※このアプリを使用するには、あらかじめ SkyDrive Pro アカウントを持っている必要があります。
※このアプリでは SkyDrive Pro の社内展開はサポートされません。

 iPhone/iPad (App Store): Office 365 サブスクリプション版 SkyDrive Pro
 Windows 8/RT (Windowsストア): SkyDrive Pro

■機能 (iPhone/iPad版)

  • すべての SkyDrive Pro ファイルを参照できます。
  • 最近使用したファイルにアクセスできます。
  • ファイルを同僚と共有できます。
  • オフラインのときにアクセスするファイルを選択できます。
  • お使いのデバイスから SkyDrive Pro にファイルを追加できます。
  • ドキュメントや写真、ビデオを開くことができます。
  • ほかの iOS アプリのファイルを SkyDrive Pro にアップロードできます。

■SkyDrive Pro と SkyDrive の違い
以下のような違いがあります。

  • SkyDrive は、個人用ライブラリを提供する無料のオンライン ストレージで、ご利用になっているどのデバイスからでも、ファイルのアップロードや、ファイルへのアクセスを行えます。SkyDrive アプリのいずれかをダウンロードして、お持ちのドキュメント、写真、その他ライブラリ内のファイルを簡単に保存したり、それらを友人と共有したり、コンテンツの共同作業を行ったりできます。SkyDrive の使い方について詳しくは、「SkyDrive の Office ドキュメントで共同作業を行う」をご覧ください。
  • SkyDrive Pro には、ビジネス向けの個人用ライブラリが用意されています。このライブラリには、お使いのコンピューターからドキュメント、写真、その他のファイルをアップロードしてそれらにアクセスすることができます。この SkyDrive Pro ライブラリはユーザーの組織によって管理され、ここでコンテンツを同僚と簡単に共有したり、共同作業を行ったりできます。さらに、SkyDrive Pro クライアント アプリケーションを使用すれば、ライブラリのファイルやフォルダーをローカル コンピューターと同期できます。

SkyDrive Pro Office 365 サブスクリプション版 SkyDrive Pro - Microsoft Corporation
Office 365 Technology Blog – SkyDrive Pro apps for Windows 8 and iOS
マイクロソフト – SkyDrive Pro とは
マイクロソフト – iPhone、iPad、または iPod Touch 上の SharePoint Online で SkyDrive Pro アプリを使う

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > ネット/Webサービス

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top