Home > 金融/電子マネー

金融/電子マネー Archive

米Square、iPhone/iPad/Android対応のモバイル決済システム「Square Register」「Card Case」発表


米Squareは5月23日のTechCrunch Disrupt 2011にて、iPadを使ったスモールビジネス向けPOSレジシステム「Square Register」と、消費者向け電子決済アプリ「Card Case」(iPhone/iPad/Android対応) を発表しました。

※写真左側が消費者用「Card Case」、右側が店舗用「Square Register」

Square Register決済システムを導入することで、飲食店などの小売店舗は商品管理や価格決定から自動決済/電子領収書発行、さらに顧客へのお知らせや顧客購買履歴管理などを行えます。

また、消費者側が端末にインストールして使う「Square Card Case」は、iPhone/iPadやAndroid端末を仮想的なカードケースにするアプリで、複数店舗のTab (勘定) をひとまとめに管理できます。

アプリを起動して最寄りのSquare Register店舗を検索でき、対象店舗内でTabを選んで購入したい商品をタップ。店舗側ではRegisterシステムのTab一覧に表示される顧客情報を確認の上、決済承認を行います。この一連の自動決済が済むと領収書がメール送信されます。消費者にとっては、iTunes Storeで楽曲やアプリを買う時のような手軽な感覚で利用可能に。

Square Card Caseは、まずは以下エリアのSquare Register導入約50店舗で利用可能。
料金体系は従来のSquareと同様、1決済につき商品価格の2.75%が手数料とのこと。

■Here’s where to find Card Case.

  • SF Bay Area
  • New York
  • Los Angeles
  • Washington, DC
  • St. Louis

Square社では、モバイル端末のイヤフォンジャックに小型カードリーダーを装着し、米国内でiPhoneなどをクレジットカード決済端末として活用できるサービスを展開しており、今回発表のSquare RegisterとCard Caseの組み合わせで、カード読み取りを必要とせず、より安全な決済を行えるようになります。

ついでに、従来より提供されているSquare決済アプリ (App Stoe US限定) が 2.0 にアップデートされています。

■What’s New in Version 2.0

  • iPad: Arrange your items into shelves, for easier browsing and faster checkout.
  • iPad: Small, medium, large; chocolate, vanilla, strawberry – create variations of your items.
  • iPhone: Refined look and feel.
  • Minor bug fixes.

Square – Square obsoletes cash registers and credit card terminals with new iPad, iPhone, and Android apps
ITpro – モバイル決済サービスのSquare、iPad用POSアプリを発表

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

みずほ銀、デジタルペンなど活用した預金口座開設の新受付システムを導入

みずほ銀行は5月17日、店頭での預金口座開設申し込み手続きで、手書き文字を瞬時にデジタルデータ化する「デジタルペン」などを活用した新しい受付システム導入を発表しました。

お客さまに対するサービスの向上と業務の効率化を同時に実現することを目的として、以下のツールを組み合わせた、新しい口座開設受付システムの試行を5月17日より一部店舗で開始。

  1. 「デジタルペン」:お客さま記入データのシステムへの取り込み
  2. 「本人確認用カードリーダー」:IC運転免許証の真贋判定、本人確認記録の作成補助

※大日本印刷株式会社 (DNP) 提供の「アノト方式デジタルペン」「マルチカードスキャナ」ソリューションを利用

これにより、お申し込み内容の事前確認による先行処理や記入漏れチェックのシステム化等を実現でき、処理時間の短縮、業務の効率化、正確な事務遂行が可能となります。
利用者の意見をもとに、記入項目の削減、遠隔・無人でのお申し込み受付等も検討されている模様。

今後DNPでは、都市銀行、地方銀行、信託銀行、大手信用金庫などに対して販売を展開していくとのことです。

DNP – スピーディーな銀行口座開設を実現するシステムを発売
みずほ銀行 – デジタルペンを利用した新しい口座開設受付システムの導入について [PDF]

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ロイヤルゲート、スマートフォンをクレジットカード決済リーダーにする「PAYGATE」発表 (iOS/Android対応、企業向け)

株式会社ロイヤルゲートは4月15日、トヨタファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、株式会社シー・オー・シー、株式会社ネットインデックスの協力を得て、iOS/Android搭載スマートフォンをクレジットカード決済端末として使える「PAYGATE」サービスを開発し、法人向けに販売およびサービスを提供する事を発表しました。

PAYGATEは、独自クレジットカードリーダーと決済用iOS/Androidアプリにより、Bluetooth対応のiOS/Androidスマートフォンをクレジットカード決済端末として利用できるサービスで、生命保険外交員、宅配業者など顧客の前で決済処理を行う必要がある業務での利用を想定。

PAYGATEカードリーダーで読み取った情報は、スマートフォンにインストールしてあるアプリを介し、ネット経由で決済センターへカード情報が送信・決済処理が行われます。

カードリーダー側で暗号化処理を行い、スマートフォンでは平文や復号した状態のクレジットカード番号を扱わず、スマートフォンにデータを残しません。また、リーダーには個別に個体識別番号を付与し、紛失等による不正利用を防ぐといった様々なセキュリティ対策も行われています。
AES採用、PA-DSS準拠、PCI-PTS推奨DUKPT準拠。

■協力企業
クレジットカード加盟店契約: トヨタファイナンス、三井住友カード
クレジットカード決済処理サービス: GMOペイメントゲートウェイ
サービス販売パートナー: シー・オー・シー
Bluetoothリーダーの開発および製造: ネットインデック

なお、ロイヤルゲートでは、4月13日に日本クレジットカード協会 (JCCA) が発表した「スマートフォン決済の安全基準等に関する基本的な考え方」に準拠したサービスとしての提供や、同協会が策定を予定しているクレジットカード業界統一のガイドラインに準拠した対応も行っていくとのことです。

このモバイル決済ビジネスは、フライトシステムコンサルティング&三菱UFJニコスの「ペイメント・マイスター」に近いので、こちらの記事なども参考になると思います。

 →ペイメントナビ: 「注目のペイメントビジネス」~フライトシステムコンサルティング(2)

ROYAL GATE – プレスリリース
JCCA – スマートフォン決済の安全基準等に関する基本的な考え方

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 金融/電子マネー

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top