Home > 金融/電子マネー > 三井住友銀行、個人利用者向けに「サイン認証」サービスを年度内に導入へ

三井住友銀行、個人利用者向けに「サイン認証」サービスを年度内に導入へ

「サイン認証」入力端末

三井住友銀行は4月12日、個人のお客様向けに、サインのみで本人確認できる「サイン認証」サービスを国2016年度内に本国内各支店に導入すると発表しました。

三井住友銀行のシステム全般の導入・運用を担う日本総合研究所(日本総研)と、長三井住友銀行の営業店システムの導入・運用を担当してきた日本電気(NEC)により、銀行事務の根幹となる本人確認業務を担う信頼性の高いシステムを導入。
また、NTTデータは今回新たに開発したサイン認証エンジン「SignID™」と支店で利用する「サイン認証」の入力用端末などを提供。

「サイン認証」は、事前に登録したお客さまのサインに関する電子データ「時系列の筆運び(距離、方向、筆圧など)」と、取引の際のサインに関する電子データを照合することで本人確認を行い、手続きを受付けるサービスです。

これにより、口座開設をはじめとして住所変更等の各種諸届で印鑑が一切不要に。
また、「サイン認証」と「Web通帳」を併用することにより、通帳や印鑑を持たずに銀行取引が可能となり、利便性アップのメリットがあります。

「サイン認証」利用の流れ

NTTデータ – 個人のお客さま向け取引における「サイン認証」の導入について (2016/04/12)

Home > 金融/電子マネー > 三井住友銀行、個人利用者向けに「サイン認証」サービスを年度内に導入へ

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top