Home > Mac/PC > Adobe、「Flash Player 21」(21.0.0.182) セキュリティアップデート [APSB16-08]

Adobe、「Flash Player 21」(21.0.0.182) セキュリティアップデート [APSB16-08]

  • 2016-03-11 (金) 9:11
  • Mac/PC
Adobe Flash Player / AIR

米Adobeは3月10日(現地時間)、最新版Flash Playerプラグインに存在する脆弱性に対応するセキュリティ情報[APSB16-08]を公開し、Flash Player最新版「Flash Player 21」最新版セキュリティアップデートを実施しました。

Flash Playerのセキュリティ緊急度は、Windows/Macデスクトップランタイム版が優先度1の最高レートとなっており、直ちに適用されることを推奨(例えば72時間以内)。AIRは優先度3。

最新バージョン番号は、Flash PlayerがWindows/Mac向け 21.0.0.182 になります。

Google Chrome内蔵Flash Playerや、Windows 8/8.1向けIE 10/11、Windows 10向けMicrosoft Edge/IE 11内蔵Flash Playerも順次自動アップデートが行われていますので、最新版が適用されているか確認を。

■インストール状態(バージョン)確認

インストール済みFlash Playerのバージョン確認はこちらで行えます。

 →Adobe – Flash Player バージョン確認

なお、OS Xではシステム環境設定にある「Flash Player」の更新メニューで、バージョン確認やNPAPI/PPAPI版プラグインダウンロードが可能。今回NPAPI(Safari/Firefox用)とPPAPI(Opera/Chromium用)プラグインのバージョン番号が異なりますので、両方インストールしている方はそれぞれ最新版にするよう注意。

Adobe Flash Player 21.0.0.182

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security Updates Available for Adobe Flash Player (APSB16-08) (2016/03/10)

Home > Mac/PC > Adobe、「Flash Player 21」(21.0.0.182) セキュリティアップデート [APSB16-08]

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top