Home > ネット/Webサービス > BUFFALO、電源コンセントに直接挿す方式の11ac対応無線LAN中継器「WEX-733D」9月発売

BUFFALO、電源コンセントに直接挿す方式の11ac対応無線LAN中継器「WEX-733D」9月発売

WEX-733D

バッファロー(BUFFALO)は8月20日、コンセント直挿しタイプの11ac対応無線LAN中継機「WEX-733D」を発表しました。全国の家電量販店、およびBUFFALO直販サイト「バッファローダイレクト」、Amazon.co.jpなどで、9月中旬(9月12日頃?)発売予定。直販価格では6,600円(税抜)。

最新の高速無線LAN規格 11ac にも対応した、無線LAN (Wi-Fi) 中継機で、既に無線LANを導入済みで通信を改善したい方に最適です。11ac/n/a/g/b 433+300Mbps対応。

WPS対応の無線親機なら、それぞれWPSボタンを順番にプッシュするだけでかんたんに設定完了。
また、もとの無線LAN親機の設定を引き継ぐので、今まで使っていたスマートフォン/タブレットやパソコン、ゲーム端末といったWi-Fi対応機器の設定を変更する必要はなくそのまま中継器経由で継続してWi-Fi接続できます。

中継器本体は、コンセント直挿し方式により、階段の踊り場などコンセントさえあれば場所を選ばず設置できるようになっています。生活に溶け込むシンプルなデザインで、設置場所の景観を損わない筐体も特長。
LAN端子1ポート付きで、既存有線LANの無線中継化にも便利です。

また、製品前面に配置されたLEDインジケーターで、電波強度を表示できるので、最適な設置場所を探せます。
この機能はありがたい(´ω`)

WEX-733D 電波強度LED

無線規格としては、5GHz帯(11ac/n/a)、2.4GHz帯(11n/g/b)のデュアルバンド対応。切替スイッチにより、簡単に親機との接続を高速で安定した5GHz接続に固定できます。アンテナは5G用に1本、2.4GHz用に2本。

周波数範囲(チャンネル):
 IEEE802.11a:5.2~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
 IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz(1~13ch)

データ転送速度(規格値):
 最大433Mbps(IEEE802.11ac)、最大300Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11a、IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)

セキュリティー:
 WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアクセス制限(最大登録許可台数:20台)

アンテナ:
 5G 1本(1本送信、1本受信)、2.4G 2本(2本送信、2本受信)

BUFFALO – 設置場所を選ばないコンセント直挿しタイプ。11acに対応したWi-Fi(無線LAN)中継機を発売

Home > ネット/Webサービス > BUFFALO、電源コンセントに直接挿す方式の11ac対応無線LAN中継器「WEX-733D」9月発売

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top