Home

コトハノオト

Google、最新「Chrome 37」(37.0.2062.94) 安定版をリリース (Windows/Mac/Linux) 64bit Windows 安定版も登場

Google Chrome

Googleは8月26日(現地時間)、デスクトップ向けWebブラウザー安定版の最新バージョン「Google Chrome 37」(37.0.2062.94) をリリースしました。
Windows/Mac/Linux対応。

37では以下項目を含む機能改善や修正が行われてるほか、50件のセキュリティ脆弱性が修正されています。

  • DirectWrite support on Windows for improved font rendering
  • A number of new apps/extension APIs
  • Lots of under the hood changes for stability and performance

■Security Fixes and Rewards
Note: Access to bug details and links may be kept restricted until a majority of users are updated with a fix. We will also retain restrictions if the bug exists in a third party library that other projects similarly depend on, but haven’t yet fixed.

This update includes 50 security fixes. Below, we highlight fixes that were either contributed by external researchers or particularly interesting. Please see the Chromium security page for more information.

  • [$30000][386988] Critical CVE-2014-3176, CVE-2014-3177: A special reward to lokihardt@asrt for a combination of bugs in V8, IPC, sync, and extensions that can lead to remote code execution outside of the sandbox.
  • [$2000][369860] High CVE-2014-3168: Use-after-free in SVG. Credit to cloudfuzzer.
  • [$2000][387389] High CVE-2014-3169: Use-after-free in DOM. Credit to Andrzej Dyjak.
  • [$1000][390624] High CVE-2014-3170: Extension permission dialog spoofing. Credit to Rob Wu.
  • [$4000][390928] High CVE-2014-3171: Use-after-free in bindings. Credit to cloudfuzzer.
  • [$1500][367567] Medium CVE-2014-3172: Issue related to extension debugging. Credit to Eli Grey.
  • [$2000][376951] Medium CVE-2014-3173: Uninitialized memory read in WebGL. Credit to jmuizelaar.
  • [$500][389219] Medium CVE-2014-3174: Uninitialized memory read in Web Audio. Credit to Atte Kettunen from OUSPG.

We would also like to thank Collin Payne, Christoph Diehl, Sebastian Mauer, Atte Kettunen, and cloudfuzzer for working with us during the development cycle to prevent security bugs from ever reaching the stable channel. $8000 in additional rewards were issued.

As usual, our ongoing internal security work responsible for a wide range of fixes:

  • [406143] CVE-2014-3175: Various fixes from internal audits, fuzzing and other initiatives (Chrome 37).

追記:
64bit版Windows 7/8向けのGoogle Chromeも安定版がリリースされました。
ただし、ダウンロードページでオプトイン操作が必要みたい。
※日本語ページにはまだ出てこないようなので、英語ページのリンクを載せておきますね。

 →64bit Windows版 Google Chrome

At this point 64-bit will remain opt-in, so to take advantage of the improvements click on the new “Windows 64-bit” link on the Chrome download page. Currently, the only significant known issue is the lack of 32-bit NPAPI plugin support. The 32-bit channel will remain fully supported for the foreseeable future and we will continue to support 32-bit plugins until NPAPI is removed from Chrome.

 →Chromium Blog: 64 bits of awesome: 64-bit Windows Support, now in Stable! (2014/08/26)

さらに、Mac向け64bit版Google Chrome 38 ベータ版が出てきたようです。

 →Chromium Blog: Mac Chrome: When I’m Sixty-Four (Bits) (2014/08/28)

Google Chrome Release – Stable Channel Update
The Chromium Blog – Chrome 37 Beta: DirectWrite on Windows and the ‘dialog’ element (2014/07/17)
窓の杜 – DirectWriteによるレンダリングに対応した「Google Chrome 37」ベータ版が公開 (2014/07/18)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

電子マネー「WebMoney ギフトカード」販売が主要9コンビニへ順次拡大 (ローソン/ファミマ等の他セーブオンも)

WebMoneyギフトカード

電子マネー「WebMoney」を発行するウェブマネーは、店頭のプリペイドカードコーナーからカードを選び、レジに持って行くだけで購入できる(POSA方式)の「WebMoneyギフトカード」を、8月26日より順次主要コンビニエンスストアで発売開始すると発表しました。

購入できるのは、「2,000POINT」「5,000POINT」「10,000POINT」「20,000POINT」4種類」
※1POINT=1円。

佐渡島内に唯一あるコンビニチェーン「セーブオン」でも購入できるようになるのかな(´ー`)
今のところ公式サイトでは記載なし。順次なのでいつ開始されるのかもわかりませんが、時々チェックしておきますか。

追記:いつのまにか売ってた(´∀`)

販売中: (2013年5月〜)
 - セブン-イレブン

2014年8月26日から順次:
 - ローソン
 - ファミリーマート
 - サークルK・サンクス
 - ミニストップ
 - デイリーヤマザキ
 - セイコーマート
 - スリーエフ
 - セーブオン

また、今回新たな試みとして、全国のローソン店舗限定で、1円単位で自由に金額を指定(1,500~50,000POINT)できる「バリアブル」タイプのWebMoneyギフトカードも同時に発売するとのこと。

WebMoney – 「WebMoneyギフトカード」全国の主要コンビニへ販路拡大! 1円単位での購入が可能な「バリアブル」タイプも登場

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Google、iOS向けプレゼン作成アプリ「Google スライド」公開 ドキュメント/スプレッドシートアプリも更新

Google Docs / Sheets / Slides for iOS

Googleは8月25日(現地時間)、オフィススイートとして唯一提供されていなかったプレゼンテーション作成・編集用iOSアプリ「Google スライド」(無料) をリリースしました。これで、Microsoft Office (ワード/エクセル/パワーポイント) ファイルを作成・編集可能な、Google版オフィススイート3アプリが揃いましたね(´ω`)。

■Google スライド 1.0.0 (iPhone/iPad) – 2014/08/25

  • 新しいプレゼンテーションを作成したり、ウェブ上や別の端末で作成したプレゼンテーションを編集したりできます
  • 他のユーザーとプレゼンテーションを共有して、1つのプレゼンテーションで同時に作業できます
  • Microsoft PowerPointファイルを閲覧、編集、保存できます
  • インターネットに接続できないときでも作業を継続できます
  • スライドの追加/並べ替え、テキストや図形の書式設定などの機能が満載です
  • 端末から直接プレゼンテーションを開始できます
  • 入力と同時に自動的に保存されるため、作業が失われる心配はありません

あわせて、「Google ドキュメント」や「Google スプレッドシート」が 1.1.0 にアップデートされ、各Officeファイルの閲覧・編集・保存をサポート。

■Google ドキュメント 1.1.0 (iPhone/iPad) – 2014/08/25
– Microsoft Wordドキュメントファイルの閲覧、編集、保存

■Google スプレッドシート 1.1.0 (iPhone/iPad) – 2014/08/25
– Microsoft Excelファイルの閲覧、編集、保存
– グラフの表示、数式の挿入、検索/置換

Google ドキュメント
Google スプレッドシート
Google スライド
Google ドライブ – Google の無料オンライン ストレージ
Google Drive Blog – Your iPhone & iPad are ready to get to work with new apps for Docs, Sheets, & Slides

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top