Home

コトハノオト

Adobe、Flash Player 15 / AIR 15 正式版リリース (APSB14-21)

Adobe Flash Player / Adobe Air

米Adobe Systemsは9月9日(現地時間)、定期リリースとして最新版 Flash Player 15およびAIR 15をリリースしました。

Flash Player 15 / AIR 15 では、以下の新しい機能や改善などが行われています。

■New Features

  • Relaxing Stage3D Render Target Clear
    In previous versions of Stage3D, after switching the render texture through Context3D::setRenderToTexture, you were required to clear it before drawing. In this release, we’re removing this limitation and optimizing the use of render textures. This change will allow you to further optimize and reuse depth and stencil buffers between different render textures. For additional information, please see Relaxing Render Target Clear Operation in Stage 3D.
  • Improved support for browser zoom levels – Windows 8
    Flash Player now has improved support for browser zoom factors other than 100% on Internet Explorer on Windows 8.x. Devices, like the Microsoft Surface tablets, default to a zoom level of 150%. In the past, this could cause problems with Flash Player and some 3D content. With our new implementation, we can now scale the content and 3D buffers to keep everything aligned. In addition, Flash Player introduces an option to render to an increased Stage3D back buffer, rather than scaling, on browser zoom to keep the resolution of the rendered content high. This option allows to the stage3D buffer to change in size in synch with the change in the browser zoom factor. Developers are notified of this change with a new ZOOM_FACTOR_CHANGE event.
  • Flash Player Fullscreen Orientation Change – Windows
    Flash Player will now detect and appropriately scale your content to fit best in a fullscreen display when your device orientation is changed. This change is specific to Windows and is implemented across all browsers. We’re focusing on providing the best tablet experience possible. A resize event will fire when in fullscreen mode and the device orientation changes. Developers, if your content does not resize, you will need to handle the resize event appropriately. For additional details, please see the Guide for Supporting Screen Orientation with Full-Screen Flash Player Content.
  • Hardware video decoding on Chrome (PPAPI) for Windows
    We’re pleased to announce that hardware video decoding is now enabled by default for Chrome users on Windows. This feature will drastically reduce the CPU usage and improve performance on supported videos players. We’re working closely with Google to bring this feature to OS X and will provide additional details when available.
  • Automatic software fall back with StageVideo
    Flash Player 15 now supports a Software version of StageVideo that provides an automatic failover to the software version when hardware StageVideo is not available. To leverage this automatic failover, the swf apps need to be compiled for Flash Player 15 and above.

    When the swfs are compiled for Flash Player 15 and above, and when hardware StageVideo is unavailable, the app will get a StageVideoAvailability event as earlier, but instead of being “Unavailable” it will ALWAYS be “available”, and the reason will always be “noError”. The app will no longer need to implement a Video object failover as the failover is automatic inside flash player. The apps can still choose to use Video object instead of StageVIdeo if needed.

    Hardware StageVideo availability is dependent on a number of factors, including:

    Browser hardware rendering support: If available, all wMode based apps will support hardware StageVideo. If not available, wMode=direct based apps will be the only ones that will support hardware StageVideo, unless there are other exceptions, like the ones mentioned below.

    [On Windows:]
     IE11: IE has an accelerated pipeline and the FlashPlayer is HW accelerated in all wmode, so StageVideo should always be available. Note that the decision to use the HW accelerate rendering pipeline reside in IE.

     Firefox: There is currently no HW accelerated pipeline available in Firefox on windows and only wMode direct will have StageVideo available all other wMode should generate a unavailable event.

     Chrome: Pepper has HW acceleration in all wMode, but some restrictions apply. For example Chrome will refuse to use HW acceleration on Windows XP and it has its own driver blacklisting mechanism. It is also possible for the user to disable the HW acceleration in the settings panel. Chrome exposes a somewhat useful page to allow one to see the status of its gpu acceleration: chrome://gpu/

    [On Mac:]
     Safari: All wMode should expose StageVideo

     Firefox: All wModes should expose StageVideo

     Chrome: All wMode should expose StageVideo, with the same limitations as the windows version.

    Driver version: Certain older drivers may not support hardware StageVideo

    User settings: If a user turns off hardware acceleration, then hardware StageVideo will not be available

    Full Screen: Hardware StageVIdeo is always available in Full Screen mode.

    When the hardware StageVideo fails because of browser support, wMode, driver version or user settings, starting with Flash Player 15, SW StageVideo will be used automatically without needing any configuration or code in the app.

  • Stage3D “Standard” profile support for iOS and Android
    In the Flash Runtime 14 release we introduced the Stage3D “Standard” profile which provided many advanced 3D features. At that time, the “Standard” profile was only available on desktop platforms. In the AIR 15 release we are extending this coverage to mobile platforms. If a device supports OpenGL ES3, it can successfully request the “Standard” profile and use the same advanced features as the desktop platform. For additional information, please see our Stage3D Standard Profile article.
  • StageText.drawViewPortToBitmapData now supports Retina displays
    Currently, AIR will allow a bitmap with the same width/height of the StageText object to be passed into drawViewPortToBitmapData. While fine for standard resolution displays, this is not sufficient for Apple’s Retina HiDPI displays. Based on customer feedback, we’ve altered the drawViewPortToBitmapData method to accept a doubled size BitmapData with StageText’s view port on a Mac Retina display, and then draw a HiDPI image from the view port.
  • Improved Packaging Engine is now default – iOS
    Starting AIR 15, new improved IPA packaging engine is now the default packaging mode when packaging for AOT targets ipa-app-store, ipa-test, ipa-ad-hoc and ipa-debug. If you encounter any packaging or runtime issues, please report at http://bugbase.adobe.com. To use the older packaging mode, use “-useLegacyAOT yes” in the ADT command, before the signing options. To learn more about the feature, please read Faster Compiling with AIR for iOS
  • AIR Gamepad Enhancements
    AIR Gamepad feature enables the app developers to provide a second screen on Android mobile devices for the Flash based browser games. AIR Gamepad API enables Flash based browser apps to connect to a paired Android device running the AIR Runtime app and therefore allowing the Android devices to be used as game controllers or second-screen interfaces. Following enhancements are available starting AIR 15.

    Multiplayer Support

    Gyroscope Events

    Magnetometer Events

    Applying skin as AIR gamepad screen

    To learn more about the feature and usage guidelines, please see Android Devices with AIR as Gamepads

  • AIR Cross Promotion
    Adobe AIR 15 now supports cross promotion of AIR games for mobile devices. Cross promotions can be effective in saving some amount of advertising cost. With the right partnership, you gain access to a wider customer base with a demographic similar to that of your application.

    This cross promotion is free and works on a credit system. All you need is to earn enough credit points by promoting other AIR games to begin your own promotion campaign.

    The AIR SDK offers the new AdViewer API for promotion campaigns as a SWC, it provides functions to load and show in-game advertisements. You earn credit points for promoting AIR games by other developers based on ad impressions and clicks.

    To learn more about the feature and usage guidelines, please see Cross Promotion of AIR Games for Mobile.

また、以下の脆弱性問題に対応するセキュリティアップデートが含まれています。

 →APSB14-21 – Security updates available for Adobe Flash Player

プライオリティレーティング(優先度)は、Flash PlayerがWindows版/Mac版ともに最優先の”1″。Airが”3″となっています。

優先度1: この優先度のアップデートは、対象として公表されている製品バージョンとプラットフォームにおいて、現在攻撃の対象となっている脆弱性、または攻撃対象になるリスクが比較的に高い脆弱性を解決します。この優先度のアップデートは、システム管理者によって直ちに適用されることを推奨します(例えば72時間以内)。

このアップデートによりFlash Playerは 15.0.0.152 (Windwos/Mac)、11.2.202.406 (Linux)が最新に。
Flash Playerインストール済みのGoogle ChromeやInternet Explorer 10/11では、自動的に最新版へアップデートされます。
あわせて、Adobe AIRのWindows/Mac版も 15.0.0.249 にアップデートされています。

Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog – Guide for Supporting Screen Orientation with Full-Screen Flash Player Content (2014/09/05)
Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security updates available for Adobe Flash Player (APSB14-21)
Adobe – Flash Player バージョン確認

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Yahoo!ファイナンス 1.2.0 (iPhone) 保有資産情報を一元管理「資産管理」機能追加

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスの公式iOSアプリ「Yahoo!ファイナンス」1.2.0 (無料) がリリースされました。
※Androidアプリ版もあり。

今回、iOSアプリ版の新機能として、「資産管理」機能が追加されています。
マネーフォワードとヤフーが提携し、iPhoneアプリ版「Yahoo!ファイナンス」に搭載し、将来的には他のデバイスへの展開も計画しているそうです。
また、マネーフォワードでは、本サービス提供に合わせて外部パートナー(マネーフォワードの提携パートナーに限定)に対して家計・資産データのAPI提供を開始。

  1. 資産全体の状況が一目でわかる『資産総額』
    複数の金融機関の口座情報を一元管理し、資産全体の資産総額、前日比、評価損益、目標金額、達成率、時系列推移など金額とグラフで一覧できます。

  2. 株式、投資信託、FXなどの取引を自動で記録
    株式、投資信託、FXなどの取引を自動で記録することができ、銘柄別(FXは通貨ペア別)に、評価額、評価損益、損益推移、前日比等の詳細情報を確認できます。さらに国内株式はリアルタイム株価ページと連携しているので売買のチャンスを見逃しません。

  3. 目標金額の設定で資産運用のモチベーションアップ
    資産運用の目標金額を設定することができます。目標金額までの残りの金額表示や目標達成率を表示することで資産運用のモチベーションを高めることが可能になります。

■Yahoo!ファイナンス 1.2.0 (iPhone) – 2014/09/07

  • メニューに「資産管理」を追加しました。保有資産の情報を一元管理できます。
  • メニューに「経済指標」を追加しました。米雇用統計などの各国の経済指標が確認できます。
  • 外国為替、FXの詳細ページから為替レートの一覧に遷移できるようにしました。
    ※経済指標、為替レート一覧はアプリ内ブラウザで表示されます。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Yahoo!ファイナンス - マネーフォワード連携と連携「資産管理」

■Yahoo!ファイナンスアプリ 主な特長
ポートフォリオ:
PC、スマートフォンブラウザと連携したポートフォリオがご利用いただけます。
アプリならではの表示形式もあり、気になる銘柄を手軽に管理できます。
※Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要となります。

検索:
キーワードや銘柄コードでの検索だけではなく、
手描きしたチャート線と類似したチャートを持つ銘柄を検索することもできます。

証券会社アプリとの連携:
ご協賛いただいた証券会社のアプリを銘柄ページから起動できます。
※カブドットコム証券・野村證券・岡三オンライン証券・楽天証券・SBI証券・マネックス証券(順不同)
銘柄を見つけた後、アプリ切り替えなしでのシームレスなお取引に近づきました。
今後も対象アプリを増やし、より緊密な銘柄間の連携に向けて努力していきます。

チャート:
縦横、1日でも10年以上でも、とても見やすいチャートです。
出来高やRSI、移動平均線など、テクニカル指標の設定も充実しています。

資産管理:
複数の金融機関の口座情報を一元管理し、資産全体の資産総額、前日比、評価損益、目標金額、達成率、時系列推移など金額とグラフで一覧できます。
株式、投資信託、FXなどの資産状況を自動で記録することができ、銘柄別(FXは通貨ペア別)の詳細情報を確認できます。
資産運用の目標金額を設定することができ、残りの金額や目標達成率を表示することで資産運用のモチベーションを高めることができます。

豊富なコンテンツ:
株価や為替レートなど基本的なコンテンツはもちろん、Yahoo!ファイナンスの人気コンテンツも充実しています。
ニュース・・・市況、経済、日本株、外国株、FX、コラムなどコンテンツが充実し、情報を多角的に知ることができます。
株式ランキング・・・値上がり、値下がり、出来高などマーケットの今がわかります。
株価予想・・・株や為替の達人たちの予想記事が読めます。
株主優待・・・飲食料品、ファッション、日用品、お買物券など優待銘柄がわかります。

設定:
値上がり・値下がり、陰線・陽線、利益・損失の色はメインメニュー内の設定から変更可能です。

直感的に使える操作感:
人間が無意識のうちに期待する動きを実現した、学習コストが少ないアプリです。

掲載ジャンル:
株式 / 投資信託 / 外国為替 / 指数 / マネー / ニュース / 企業情報・業績 / 株価予想 / FX / 株主優待

Yahoo!ファイナンス – 株価、為替の総合アプリ(無料)
無料家計簿-マネーフォワード
Yahoo! JAPAN – Yahoo! JAPAN とマネーフォワードが業務提携 日本最大級の金融情報の総合サイト「Yahoo!ファイナンス」公式アプリ上で、「資産管理」機能の提供を開始
MoneyFoward – Yahoo! JAPANとマネーフォワードが業務提携
Yahoo!ファイナンス – 新アプリが登場!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

TV SideView by Sony 2.7.0 (iPhone/iPad)

TV SideView by ソニー

ソニーは、同社テレビ/レコーダ製品向けモバイル連携アプリ TV SideView の iOS(iPhone/iPad)向け最新版「TV SideView」2.7.0を提供開始しました。

TV SideView」は、ソニー製液晶テレビやブルーレイディスクレコーダーなどと連携する多機能リモコン+番組表アプリです。

今回のバージョンアップで、2007〜2011年製のソニー製ブルーレイディスクレコーダーもサポートし、対応機器を大幅に拡大。

 →対応機器一覧

■TV SideView 2.7.0 (iPhone/iPad) – 2014/09/05

  • 2007年〜2011年製のソニー製ブルーレイディスクレコーダーに対応しました。
  • 録画番組リストから2011年製以降のブルーレイレコーダーのコンテンツを、テレビで再生できるようになりました。
  • 2011年製以降のブルーレイレコーダーのリモコンに対応しました。
  • 起動画面を、「みどころピックアップ」と「番組表」から選択できるようになりました。
    設定方法:[設定]>[全般]>[起動時の画面]
  • ネットワーク上で接続対象機器が見つからない場合、機器のIPアドレスを直接入力して、機器を登録できるようになりました。
  • 動作品質の改善

nasneの外からどこでも視聴は今後対応予定です。(2014年9月25日以降順次配信

リモコン&テレビ番組表:TV SideView by ソニー
SONY – TV SideView × ソニーのブルーレイ

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top