Home

コトハノオト

ワードライト 1.4 (iPhone/iPad) Google日本語入力ベースのiOSキーボードアプリ 類語辞書内蔵

WordLight

Google日本語入力のiOSキーボードアプリ版が何かないからなぁと探していたら、いくつかあるようですぬ。
半額セール中なのもあって、日本語類語辞書を内蔵したiOSキーボードアプリ「ワードライト (Word Light)」を購入してみましたので、これから試すろころ(´∀`)

価格: 240円 (標準価格480円?)
販売元: kimihiro kubota
© Word Ouen

iOS 9から対応したサードパーティ製キーボードアプリで、日本語変換にはGoogle日本語入力システムのオープンソース版「Mozc」を使用。

また、本アプリのセールスポイントである「類語辞書」は、「WordNet」により15.8万個をオフライン収録。

キータイプ毎に逐次類語を検索し表示します。
Google日本語入力、サジェストにより正確に日本語を変換し、最新の固有名詞も一発で変換するのが特長。

■主な機能

  1. 入力した単語の類語を表示
  2. Google日本語入力、サジェスト変換
  3. 定型文、テンプレートの辞書登録
  4. 入力した単語のWikipedia関連語を表示
  5. キーボード上に単語や定型文やフォルダを表示
  6. 半角カナ変換、カーソル移動

Google「Gboard」がはやく日本語サポートしないかな。

ワードライト – 日本語・類語キーボード
Google 日本語入力

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Google、iOS向けキーボードアプリ「Gboard」公開 米App Storeのみ

米Googleは5月12日(現地時間)、iOS向けのキーボードアプリ「Gboard」をリリースしました。入力中でもキーボードから直接検索して送信できます。

またGboardでは、キーをタップせずにキー上で指をスライドすることによって単語を入力できる「Glide Typing」機能を搭載。

現時点では、英語圏での使用前提になっている可能性が高く、日本のApp Storeでは取り扱っていません。
おそらく日本語入力自体は無理ぽ(´・ω・`)

Gboard
  • Search and send anything from Google:
    • Nearby stores and restaurants
    • Videos and images
    • Weather forecasts
    • News and articles
    • Sports scores
    • And anything else you’d search on Google
  • GIFs — Search GIFs for the best reaction
  • Emoji Search— Find the perfect emoji, faster
  • Glide Typing — Type faster by sliding your finger from letter to letter

Yahoo! JAPANがiOSキーボードアプリ「Yahoo!キーボード」を6月30日に提供終了するとの発表が先日行われたばかりで、なんとも皮肉な…
※引き続き文字入力の機能を使用できますが 提供終了1ヶ月後をめどにテーマの変更(オンライン関係機能が使えなくなるということですぬ)ができなくなるとのこと。
また、OSのアップデートや不具合発生時の修正、問い合わせ対応などのサポートはなくなります。

Gboard
Official Google Blog – Meet Gboard: Search, GIFs, emojis & more. Right from your keyboard. (2016/05/12)
Yahoo! JAPAN – 2016年9月までに提供を終了するアプリ/サービスについて (2016/05/10)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Adobe、Flash Playerの脆弱性 (APSB16-15) を修正したアップデート緊急公開

Adobe Flash Player / AIR

米Adobeは5月12日(現地時間)、Flash Playerプラグイン 21.0.0.226 より以前に存在する脆弱性の注意喚起[APSB16-15]を公開し、アップデート版を提供開始しました。
全プラットフォーム対象。

Windows/Mac版いずれも優先度は Priority 1 (至急) です。

この修正には、Adobeが5月10日(現地時間)に APSA16-02 として公開した脆弱性 (CVE-2016-4117) に対する修正が含まれています。

なお、Adobeによると、本脆弱性の悪用した攻撃を確認しているとのことで、早期のアップデートをお勧めします。

影響を受けるバージョン:

  • Adobe Flash Player Desktop Runtime (21.0.0.226) およびそれ以前
    (Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)

    • Adobe Flash Player for Google Chrome (21.0.0.216) およびそれ以前
    • Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (21.0.0.213) およびそれ以前 (Windows 10)
    • Adobe Flash Player for Internet Explorer 11 (21.0.0.213) およびそれ以前 (Windows 8.1)

使用しているWebブラウザーのAdobe Flash Playerバージョンは、以下のページで確認できます。

 →Adobe Flash Player:Version Information

※Flash Playerプラグインを内蔵している、Google ChromeやMicrosoft Edge/Internet Explorerについては、各ブラウザーを最新にしておくことでFlash Plaerプラグインも自動的に最新になります。

※OS X El CapitanなどMac上でSafariやFirefoxを使っている場合、システム環境設定に表示される Flash Player 項目でバージョン確認もできます。

システム環境設定 - Flash Player

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security Updates Available for Adobe Flash Player (APSB16-15) (2016/05/12)
JPCERT/CC – Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB16-15) に関する注意喚起 (2016/05/13)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top