Home > 気象/宇宙

気象/宇宙 Archive

ハッブル宇宙望遠鏡の補修作業完了 シャトルと分離

GoSatWatch 1.3 ISSや衛星の位置情報をiPhoneで表示

スペースシャトルやISS(国際宇宙ステーション)、地球の周りを回る衛星を表示する「 GoSatWatch 」(1,200円)が 1.3 にアップデートしました。
*** Note that the STS-125 Space Shuttle mission to the Hubble Space Telescope can only be seen from latitudes bellow 40 degrees due to its orbit. This means that the HST cannot be seen from northen European countries, Canada, and the northern US states.

このバージョンの新機能

– Star chart display
– Sun and moon position
– Extended daylight threshold for visible passes
– Passdaylight indication
– Rotation lock on sky view screens
– Increased button touch area
– Fix for geosynchronous satellites
– Fix to remove spaceshuttle elements after mission

GoSatWatch GoSatWatch

最後のハッブル補修ミッションとなるアトランティス打ち上げ(STS-125/HST-SM4)

米東部夏時間5月11日14時1分(日本時間5月12日3時1分)、NASAは最後のハッブル宇宙望遠鏡(HST)補修ミッションとなる、スペースシャトル・アトランティス(STS-125/HST-SM4)をケネディ宇宙センターから打ち上げしました。
NASA TVみながらウトウトしてたら、いつのまにか寝てしまった(´・ω・`)。
1時ぐらいまでは記憶あるんですが。

この補修でハッブルは2014年まで延命運用が可能になり、2013年打ち上げ予定の次期宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope / JWST)」に交代予定だそうです。

NASA:Latest Space Shuttle News
NASA:Mission to Hubble

ホーム > 気象/宇宙

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top