Home > 気象/宇宙

気象/宇宙 Archive

海上保安庁、海域の気象や緊急情報など確認できる「沿岸域情報提供システム[MICS]」スマートフォン向けサイトを試験運用開始

海上保安庁は4月10日、海の安全に関する情報をリアルタイムに提供する沿岸域情報提供システム[MICS]で、スマートフォン用サイトの試験運用を開始しました。

灯台等で観測した気象現況や航行に注意を要する海域、エンジントラブル時の対策など、海上において必要とされる情報をスマートフォンで入手できます。

 →MICSスマートフォン用サイト

■MICSスマートフォン用サイトの特徴

 - 地図画面上で海域の気象や緊急情報などが一目で分かる
 - 現在地が表示され、周辺情報が確認できる
 - 船舶の安全運航等に必要な情報が入手できる

初期状態では、最低限の情報のみ表示されるようになっていますので、設定メニューで必要な情報にチェックを入れましょう。

MICS スマートフォン用サイト

簡易的なモバイル(携帯)版もまだあるのね。

追記:正式運用が始まりました。

 →【緊急情報】スマホ用サイト正式運用開始 (2015/07/01)

海上保安庁 – MICSスマートフォン用サイトの試験運用を開始 (2015/04/10)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

MssionClock 1.1 (iPhone/iPad) UIアップデート、名称/キーワードでミッション検索可能に

MissionClock

NASAほか世界の宇宙機関によるロケット打ち上げステータスを確認できるiOSアプリ「MissionClock」1.1 が公開されました。
T-Clock/L-Clockカウント情報やカウントダウンホールド状況、そしてミッション中の各イベントタイムを表示。
ローカルタイム表示対応なので、日本時間でいつ頃?というのもすぐわかります。

価格: 600円 (掲載時)
販売元: Latency: Zero
© 2009 – 2015 Latency: Zero. All rights reserved.

■Mission Clock 1.1 (iPhone/iPad)

  • Updated UI now fits all devices.
  • Search mission list by name or keyword.
  • App no longer crashes while integrating large data updates.
  • Clocks tab shows correct set of missions when first displayed.
  • Fixed a drawing glitch in the clocks tab events waterfall.
  • Improved handling of unplanned holds.

MissionClock for iOS

Features:

  • Gorgeous, at-a-glance countdown information
  • T-clock and L-clock information
  • Countdown holds
  • Hold time remaining
  • Current and significant event times displayed in multiple time zones
  • Detailed mission event lists
  • Time to/since each event

MissionClock

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ウェザーニューズ、「SOLiVE24」や特設サイトで皆既月食の様子を生中継    初となる英語生中継番組「The Total Lunar Eclipse 2015」も配信

WNT LunarEcripse20150404 Live

ウェザーニューズ(WNI)は、満月が神秘的な赤銅色に染まる皆既月食をみんなで楽しめるよう、4月4日の19時より24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」や特設サイト「皆既月食2015.4.4」で、皆既月食の模様をインターネット生中継すると発表しました。国立天文台(NAOJ)と協力し、「国立天文台の専門家:内藤氏」の解説と共に、神秘的な皆既月食をお届けします。

また、ウェザーニューズ初となる英語版の特別番組「The Total Lunar Eclipse 2015」を4月4日10時〜12時30分 (GMT) にYouTubeで配信も行われるそうです。

 - YouTube ライブ (weathernews)

国立天文台によると、4日19時15分頃から部分月食が始まり、皆既月食の観測時間が20:54~21:06(約12分間)と短く、iPhone/Androidスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から「流星キャッチャー」登録しておくと、部分月食のスタートや皆既月食のスタートを通知でお知らせ。皆既月食を見逃しません。

国立天文台サイトでも「皆既月食を観察しよう2015」キャンペーンを実施。
このほか国立天文台三鷹キャンパスから、インターネット上で月食の生中継も予定。

 - YouTube ライブ (国立天文台チャンネル)
 - ニコニコ生放送 (国立天文台チャンネル)

ウェザーニュース タッチ - 4/4皆既月食 流星キャッチャー

追記:
ニコニコ生放送では、「Live! オーロラ」プロジェクト協力によるアラスカでの皆既月食中継も。

 →【ニコニコ天体観測】4月4日の皆既月食を見よう

そして、光学機器メーカー Vixen から、月がどんな軌道を描いて欠けるかをシミュレーションすることができるiPhone/Android向けアプリ「Interval Book」が公開。

 →“4月4日の皆既月食撮影”シミュレーションが可能!スマートフォン・タブレット向け無料アプリ「Interval Book(インターバルブック)」をリリース

ウェザーニュース タッチ
Interval Book
WNI – 4月4日は“皆既月食”!全国的に観測チャンス (2015/03/27)
WNI – 赤銅色の満月を生中継!“皆既月食”特別番組を英語で世界に配信 (2015/03/31)
NAOJ – 2015年4月4日夜、皆既月食の色を観察・報告するキャンペーンを実施 (2015/03/04)
ニコニコインフォ – 4月4日 皆既月食を見よう

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 気象/宇宙

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top