Home > 気象/宇宙

気象/宇宙 Archive

気象庁、新潟県など北陸地方での梅雨明けを発表 (2015年)

新潟地方気象台(気象庁)は7月21日、北陸地方(新潟含む)で梅雨明けしたと思われると発表しました。

北陸地方では平年より3日早く、昨年と同じ頃。

参考事項)
 平年の梅雨明け 7月24日ごろ
 昨年の梅雨明け 7月21日ごろ

梅雨期間降水量をみてみると、相川など昨年に比べて半分以下という(´・ω・`)

気象庁 – 地方気象情報:北陸地方 – 梅雨の時期に関する北陸地方気象情報 第2号 (2015/07/21)
気象庁 – 地方気象情報:北陸地方 – 梅雨の時期に関する北陸地方気象情報 第1号 (2015/06/19)
気象庁 – 平成27年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

もうすぐニューホライズンズの冥王星フライバイ

NASA JPLが提供しているシミュレータ NASA’s Eyes で、7月14日11時49分UTC(日本時間で20時49分JST)頃に冥王星(Pluto)をフライバイする予定の探査機「New Horizons」の距離や速度など情報をシミュレート表示することができます。

最初に一度だけ NASA’s Eye アプリをダウンロードしておいた後、LAUNCHボタンをクリックしてウィンドウを起動。

 →Eyes on Pluto

NASAサイトTOPページでもカウントダウンされていますが、最接近まで24時間切ってますね。

NASA - Eyes on Pluto

追記:日本時間14日20時49分、ニューホライズンズが冥王星に最接近。

NASA – One Million Miles to Go; Pluto is More Intriguing than Ever (2015/07/13)
NASA – The Path to Pluto (New Horizons) – Mission Timeline

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

気象庁、「ひまわり8号」正式運用開始

気象庁は7月7日、静止気象衛星「ひまわり8号」の正式運用を11時より開始したと発表しました。
運用中のひまわり7号(MTSAT-2)の後継で、2014年に打ち上げ。

これからは8号がアジア・太平洋地域の天気や地球環境の観測を担います。
対になるひまわり9号が2016年に打ち上げ、2022年まで軌道上で待機する計画だそうです。

ひまわり8号/9号 運用スケジュール

■特徴
画像の解像度が約2倍になったほか、可視赤外放射計「AHI (Advanced Himawari Imager)」搭載し、可視3バンド、近赤外・赤外13バンドの合計16バンド構成に。
従来6号/7号と比べ、非常に高性能で詳細な雲の様子を観測することが可能になります。

例として、3枚のAHIによる可視画像 (青: 0.47µm, 緑: 0.51µm, 赤: 0.64µm) を合成することで、人が宇宙から地球を見た場合に似た「カラー画像」が作成可能。全球観測時間で10分毎、日本付近を常時2.5分毎の高頻度観測も可能に。

ひまわり8号/9号 観測機能の向上

また、情報通信研究機構(NICT)が気象庁と連携し気象衛星「ひまわり8号」観測データを公開しています。

 - 観測画像Webサイト (スマホ対応)
 - ダウンロード用Webサイト

ひまわり8号 リアルタイムWeb

スマートフォンからの表示にも対応してますね(・∀・)

ひまわり8号 リアルタイムWeb スマートフォン版

気象庁 – 静止気象衛星「ひまわり8号」の運用を開始しました。
NICT – ひまわり8号観測データの公開

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 気象/宇宙

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top