Home > ネット/Webサービス

ネット/Webサービス Archive

WebAccess i 1.20 (iPhone, iPad) 動画のAirPlay再生対応など

バッファロー社製LinkStation/TeraStationへ簡単にアクセスできるiPhone/iPod touch向けアプリ「WebAccess i」とiPad向け「WebAccess i HD」が 1.20 にアップデートされました。

■What’s new 1.20

  • 動画のAirPlay再生に対応しました。 (iOS 4.3以降)
  • buffalonas.comを利用しない(その他のダイナミックDNSサービスなどを利用しての)アクセスに対応しました。
  • インストールされている別のアプリケーションやSafariでのファイルオープンに対応しました。
  • Webアクセスの共有URLのWebAccess iからアクセスできるようになりました。
  • 初期設定ウィザードを追加し、簡単にNASが登録できるようになりました。
  • ダウンロードの中断時、リジュームダウンロード(途中からダウンロードを再開)に対応しました。
  • 音楽、画像、動画のフィルター表示に対応しました。
  • 音楽再生モードに、シャッフルモード、全曲リピートモード、1曲リピートモードを追加しました。
  • フォルダー内の動画を連続再生に対応しました。([設定]にて、有効にすることができます。)
  • 保存先内の音楽の連続再生に対応しました。
  • 保存先内へのフォルダー作成、コピー、移動に対応しました。
  • 保存先内データのiTunes経由での共有に対応しました。
  • [NAS一覧]に登録するNASのアイコンに、LS-XLシリーズを追加しました。
  • トルコ語でのユーザーインターフェース表示に対応しました。

【Update】企業利用向けに管理者機能を付加した「WebAccess for Business」が発表され、近日中にApp Storeで公開されるそうです。

 →BUFFALO: オフィスのデータをスマートフォンでどこからでも活用できるiPhone及びAndroid向けアプリケーション「WebAccess for Business」を開発 (2012/03/26)

WebAccess i WebAccess i - BUFFALO INC.
WebAccess i HD WebAccess i HD - BUFFALO INC.
バッファロー – WebAccess i・WebAccess i HD対応製品一覧

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

オラクル、仮想デスクトップ環境のiPad向けクライアント「Oracle Virtual Desktop Client for iPad」


Oracleは、仮想デスクトップ環境「Sun Ray Software」「Oracle Virtual Desktop Infrastructure (OVDI)」対応のiPad向けクライアント「Oracle Virtual Desktop Client (OVDC)」(無料)リリースを発表しました。アプリ自体は既にApp Storeで配信されていて、7月1日に 1.01 へアップデートされています。

あわせて、Oracle Virtual Desktop Infrastructure (OVDI) 3.3 も同日発表されています。


■FEATURES:

  • Optimized iPad GUI Support
    – Simple, intuitive, and accurate gestures and navigation
    – Rich keyboard support (including Ctrl, Alt, Esc, Insert, Delete, Tab, Home, End, Function, paging, and cursor keys) enables enhanced user interactions with your applications
    – Fast and responsive interface
  • Enhanced Multimedia Experience
    – Smooth multimedia playback experience on Oracle Desktop Virtualization hosted applications, including Adobe Flash Player and Windows Media Player
    – Bidirectional audio enables clear two-way communication
    – Optimized multimedia delivery to the local client provides enhanced network utilization and scalability
  • Greater Security
    – Comprehensive security provided by 256-bit AES encryption
    – Secure remote access using your existing VPN software
    – Leverages the ultra secure Appliance Link Protocol (ALP) with Sun Ray Software or Oracle Virtual Desktop Infrastructure
  • Multi-tasking Support
    – Increase productivity with the ability to instantly switch between virtual and native applications
  • Flexible and Hassle-free Configuration
    – Simple UI configuration and connection server settings
    – Auto-discovery of available Sun Ray Software and Oracle Virtual Desktop Infrastructure servers
  • Fast and Easy Connectivity
    – Click-and-go connectivity to configured and available desktops and applications

Oracle Virtual Desktop Client Oracle Virtual Desktop Client - Oracle USA, Inc.
Oracle – Oracle Unveils Oracle Virtual Desktop Client App for iPad
Oracle – Oracle Virtual Desktop Infrastructure 3.3 Now Available

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

NTT東とセブン&アイHDが「生活インフラ」構築で協業 コンビニ店舗のWi−Fi拠点化など


東日本電信電話株式会社 (NTT東日本)セブン&アイ・ホールディング (セブン&アイ)は7月6日、両社の持つリソースを活用した包括的な協業を行い、より多くのお客様に便利と安心を提供できる「生活インフラ」の構築に協同で取り組んでいくことを発表しました。

セブン&アイのグループ店舗でNNT東日本の光ブロードバンドサービス「フレッツ光」を導入し、来店客がパソコンやスマートフォンなどWi-Fi対応端末を利用できる環境を提供するなど、以下の施策を実施する予定。

  1. 光を利用したセブン-イレブン店舗のWi-Fi拠点化
    【セブン&アイ店舗でご利用いただけるサービス】
    (1) NTT東日本の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット
    (2) セブン&アイグループのオリジナルサービスがご利用いただける「7SPOT」を新設
    【展開予定】
    今年10月頃から東京エリアでの展開を開始し、来年2月末までに下記店舗への設置を完了。そして再来年2月までに全国14,000店舗(東日本エリア8,700店舗)への展開を計画。
     - 東京23区内の全セブン-イレブン 約1,200店舗
     - 東京23区内の全イトーヨーカドー、西武・そごう、デニーズなど約100店舗
  2. 非常時に備えたセブン-イレブン店舗の「情報ステーション」化
    【展開予定】
    本年度内の展開開始を目途に、東京23区内の全セブン-イレブン約1,200店舗に順次非常用電話機を設置。
  3. 光iフレーム等を活用した買い物支援
    【仮設住宅エリアにご提供するサービス】
    (1) 無料インターネット環境
    (2) 「光iフレーム」の設置
    (3) ネット通販サービス
     ≪提供する通販サービス≫
     セブンネットショッピング、イトーヨーカドーネット通販、セブンミール
    (4) 自治体による情報配信
    【展開予定】
    今年7月より、宮城県山元町の仮設住宅において展開を開始。
     ≪対象仮設住宅≫
     宮城県 山元町 ナガワ仙台工場内仮設住宅 (118戸)
  4. 販売連携・共同プロモーションの推進

なお、西日本エリアについては、NTT西日本が主体的に取り組んでいく模様です。

NTT東日本 – 地域コミュニティにおける「生活インフラ」の構築に向けた協業について ~セブン&アイとNTT東日本の協業による便利で安心なお客様サービス提供に向けて~
セブン&アイ「生活インフラ」の構築に向けたNTT東日本との協業について [PDF]

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > ネット/Webサービス

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top