Home > ネット/Webサービス

ネット/Webサービス Archive

ぷらら、スマートフォン/タブレットで視聴できる「ひかりTVどこでも」サービス8/1開始 (Android) iPhone/iPad対応も開始

株式会社NTTぷららは、2011年8月1日よりスマートフォンやタブレット端末でひかりTVを視聴できる「ひかりTVどこでも」サービスを開始すると発表しました。

ひかりTV」の「お値うちプラン」「ビデオざんまいプラン」に加入している方で、Web会員に登録された方 (登録無料) 、なおかつ、ひかりTV対応チューナー「PM-700」「ST-770」「M-IPS200」「IS1050」またはひかりTVチューナー機能対応テレビ・パソコンを利用中なら、以下のスマートデバイス (現状Androidのみ) でも追加料金なしで視聴できるようになります。
※視聴用Androidアプリは同日よりAndroid Marketでダウンロード提供開始。

3G/Wi-Fiなど利用回線の通信速度に応じて、HD画質 (ハイビジョン) やSD画質など最適な画質を自動で判別して配信されます。

【Update】
8月2日、iPhone/iPad向け対応開始が追加発表されました。iPhoneアプリ「ひかりTVどこでも」(無料)も公開されています。

 →『ひかりTVどこでも』サービス、iPhone・iPadにも対応開始!

■利用可能な端末

  • Android OS (2.1〜)
    – LYNX 3D SH-03C
    – REGZA Phone T-01C
    – GalaxyS SC-02B
    – Xperia SO-01B
    – Optimus bright L-07C
  • iOS (4.3〜)
    – iPhone3GS、iPhone4
    – iPad、iPad2 (iPhone用アプリによりご利用可能)
    – iPod Touch (第3世代32GBモデル、第4世代)

■対象コンテンツについて

提供開始時は、Android搭載スマートフォンで、ビデオサービス (VOD) 提供している見放題対象作品のうち約2,000本のビデオ作品が視聴可能。ビデオ作品のラインナップを随時拡大予定。

※「ひかりTV」は、NTT東日本・NTT西日本「フレッツ 光ネクスト」「Bフレッツ」、NTT西日本「フレッツ・光プレミアム」に対応したテレビ向け映像配信サービスです。

ひかりTVどこでも ひかりTVどこでも - NTT Plala Inc.
NTTぷらら – 「ひかりTV」をスマートフォン、タブレット端末で視聴できる『ひかりTVどこでも』サービスの提供開始

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

radiko.jp 復興支援プロジェクト 1.0.0 (iPhone/iPod touch)

IPサイマルラジオ配信の radiko.jp では、2011年東日本大震災の復興支援プロジェクトとして、主な被災地区 (岩手県、宮城県、福島県、茨城県) のラジオ7局の放送を、radiko.jp のシステムを活用して日本全国に配信中です。パソコン (Mac/Windows) での聴取はAdobe Flash Playerが必要。Android向けには6月にアプリ公開済み。

プロジェクト協力:アドビシステムズ株式会社、NTTスマートコネクト株式会社、シスコシステムズ合同会社

そして7月20日、iPhoneアプリ「radiko.jp 復興支援プロジェクト」が公開され、iPhone上でも日本全国でラジオ7局の番組聴取が可能になりました。

販売業者 : Alfredcore, Inc
© radiko Co.,Ltd. All rights reserved.

radikoアプリの仕組みが使われているため、アプリ起動時に位置判定が行われますが、復興支援アプリは日本全国制限なしなので(゚ε゚)キニシナイ!!

【聴取可能なラジオ局】

  • アイビーシー岩手放送
  • 東北放送
  • ラジオ福島
  • 茨城放送
  • エフエム岩手
  • エフエム仙台
  • エフエム福島

【聴取可能地区】

  • 日本全国

radiko.jp 復興支援プロジェクト radiko.jp 復興支援プロジェクト - Alfredcore Inc.
radiko.jp 復興支援プロジェクト

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

NTT東西、「フレッツ 光ネクスト」でのIPv6 IPoE接続 (ネイティブ方式) を7/21提供開始

NTT東日本とNTT西日本は7月19日、両社が提供する光インターネットサービス「フレッツ 光ネクスト」上で「インターネット(IPv6 IPoE)接続」および「フレッツ・v6オプション」の提供を開始すると発表しました。
提供開始日は共通で2011年7月21日。

 →NTT東日本: フレッツ 光ネクスト
 →NTT西日本: フレッツ 光ネクスト

今回開始するのは「ネイティブ方式」といわれるもので、もうひとつの「トンネル方式 (IPv6 PPPoE接続)」が今年6月より提供中です。

インターネット(IPv6 IPoE)接続では、接続事業者(BBIX日本ネットワークイネイブラーインターネットマルチフィード)のネットワークを経由してIPv6インターネットに接続します。

「インターネット(IPv6 IPoE)接続」を利用するためには、「フレッツ 光ネクスト」およびIPv6 IPoE接続対応ISPとの契約、そしてNTT東日本またはNTT西日本への「フレッツ・v6オプション」の申し込みが必要になります。
※オプションは月額無料ですが、初回に工事費2,100円がかかります。

■対応フレッツメニュー (NTT東西)

  • フレッツ 光ネクスト
    – ビジネスタイプ
    – ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプ
    – マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプ

■IPv6 IPoE対応プロバイダー

NTT東日本内 / NTT西日本内

【更新】
IPv6 IPoEについて、あきみち氏が2013年1月11日にポストした「GEEKなぺーじ: IPv6 IPoEの仕組み」が大変参考になります(・∀・)

NTT東日本 – 「フレッツ 光ネクスト」におけるインターネット(IPv6 IPoE)接続および「フレッツ・v6オプション」の提供開始について
NTT東日本 – 「フレッツ 光ネクスト」におけるインターネット(IPv6 PPPoE)接続の提供開始およびIPv6アドレスによるインターネットサービスへの対応について (2011/05/26)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > ネット/Webサービス

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top