Home > 書籍/出版

書籍/出版 Archive

Goo Books 毎週水曜配信のiPhone/iPad向けクルマ購入支援電子マガジン

株式会社ヤッパは、クルマ情報「Goo」の株式会社プロトコーポレーションと共同でiPhone/iPad向けクルマ購入支援電子ブック「Goo Books」(無料)を配信開始しました。
iPhone/iPad両方で利用できるユニバーサルバイナリー形式アプリ。
Goo Booksは、クルマ情報誌「Goo」の車探しから購入までの関連ノウハウや新車・中古車情報を、毎週無料で読める電子マガジンです。本棚や記事へのしおり設定機能なども付いています。

  • 毎週Gooの注目の車のスペック、価格帯、試乗記事などを無料で配信します。また、物件情報30万台を誇る国内最大級の中古車情報サイトGoo-netにシームレス連携、最新情報をご提供。
  • 初めてクルマを買う方も安心、購入についての基礎知識をご提供。
    • 車両の見分け方
    • 契約知識(諸費用)
    • 見積書について
    • 税金
    • 必要書類等
    • 価格の考え方
    • 修復歴について
    • 車検について
    • チェックシート
    • etc…
  • ここでしか見られない秘蔵画像が満載です。特定の記事をタップすれば、画像スライドショーが始まります!
  • 最新号は、毎週水曜日にお届けします(期間によって変動することがございます)。

Goo Books Goo
YAPPA – 国内初のクルマ購入支援電子ブック「Goo Books」のサービスを開始
Goo-net

ビジネス向け書籍/雑誌や調査レポートなどを記事単位で購入できる「G-Search ミッケ!」9/1開始

株式会社ジー・サーチは、書籍・雑誌記事や調査報告書・レポートなどビジネス情報の電子版を多数収録した電子書籍・電子雑誌サイト「G-Search ミッケ!」を9月1日から提供開始すると発表しました。
ジー・サーチでは、新聞・雑誌記事や調査資料・レポートなど、ビジネス分野の電子データを会員向けに販売する検索サービス「G-Searchデータベースサービス」を既に提供しています。ミッケ!では、ジー・サーチ保有の膨大なビジネス分野の情報を収録し、それらを記事単位 (PDFフォーマット) で購入できるようになります。
<4>収録媒体の一覧

  • 週刊ダイヤモンド (約2万5千記事 提供元:株式会社ダイヤモンド社)
  • 週刊エコノミスト (約5万2千記事 提供元:株式会社毎日新聞社)
  • 週刊東洋経済 (約3万2千記事 提供元:株式会社東洋経済新報社)
  • Think! (約460記事 提供元:株式会社東洋経済新報社)
  • 一橋ビジネスレビュー(約300記事 提供元:株式会社東洋経済新報社)
  • 富士経済マーティング情報パック (提供元:株式会社富士グローバルネットワーク)

今後収録予定の媒体

  • 日経BP雑誌記事 (提供元:株式会社日経BP)
  • インプレスR&Dの調査報告書シリーズ (提供元:株式会社インプレスR&D)
  • CSR企業総覧 (提供元:株式会社東洋経済新報社)
  • 市場予測200Xシリーズ (提供元:株式会社日本能率協会総合研究所)
  • テレビCMデータレポート (提供元:株式会社エム・データ)

今後も出版社・情報提供社を募り、随時収録媒体の追加を行う予定。また、従来のG-Search会員向け提供に加え、Yahoo!ウォレット決済をはじめとする支払いにも対応していくそうです。
なお、ミッケ!開始にあわせて、ビジネスに役立つ電子ツールが当たるキャンペーンが実施されます。第1弾はiPad。
◆第1弾キャンペーン:2010年9月1日~10月31日
・Apple iPad(16G Wi-Fiモデル) 1名様にプレゼント

G-Search – プレスリリース
G-Search ミッケ! (9/1〜)

GBScanner 1.0 (iPhone) ISBNスキャンでGoogle ブックスの本棚へかんたん登録

株式会社フィードテイラーから、本のISBNバーコードをスキャンして「Google ブックス」のライブラリへ簡単登録できるiPhoneアプリ「GBScanner」(通常230円)がリリースされました。
リリース記念によるキャンペン価格で115円で販売中。
GBSacannerでは、Google Books Search APIを使用。書籍の全文検索サービス「Google ブックス」と連携して、お持ちの本に記載されているISBNバーコードをスキャン認識し、手動または自動でライブラリ登録を行えます。
目的の書籍の情報が出てきたら、右側の+をタップしてマイライブラリ(予め指定の本棚)に登録。保存先本棚は設定画面で切り替えできます。
たくさん本を持っている場合、一気に登録したい時に便利な連続登録機能があるのでかなり便利になりますね。いくつか蔵書管理アプリやISBNバーコードスキャン対応アプリはリリースされていますが、Google ブックス専用は初めてみたかも(*’-‘)。
なお、上記API利用により、比較的新しい書籍のISBNは読み取っても当該書籍が見付からない場合があるとのことです。

機能

  • バーコードをスキャンしてGoogle ブックスで書籍検索&登録
  • バーコードの連続スキャンによる連続登録
  • ISBN入力による手動書籍検索&登録
  • 登録先本棚の変更

こちらはGoogle ブックスWebサイトの画面。

GBScanner GBScanner
feedtailer – Googleブックスに簡単に蔵書登録できる「GBScanner」をリリースしました

ホーム > 書籍/出版

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top