Home > Apple

Apple Archive

Apple、「Swift」をオープンソース化して公開 Linuxにも対応

Swift

米Appleは12月3日(現地時間)、プログラム言語「Swift」をオープンソース・ソフトウェア (OSS) 化し、GitHub (github.com/apple) でソースコード公開 (Apache 2.0ライセンス)、コミュニティサイト「Swift.org」を開設しました。

OS XおよびLinuxで動作するSwiftコンパイラー、LLDBデバッガーと対話型評価環境 (REPL)、標準/コアライブラリパッケージマネージャー「Swift Package Manager」などが公開されており、iOS (iPhone/iPad)、OS X (Mac)、watchOS (Apple Watch)、tvOS (Apple TV) 向けアプリを開発可能です。

Swift.org

Apple Developer – Swift is Now Open Source (2015/12/03)
Swift Blog – Swift is Open Source (2015/12/03)

Apple、初のメジャーアップデート「watchOS 2」提供開始 新しい文字盤やネイティブアプリ対応など

Apple watchOS 2

米Appleは9月21日(現地時間)、Apple Watch用OS最新版「watchOS 2」を提供開始しました。
当初はiOS 9と同じく9月19日に公開予定でしたが、その前に不具合が見つかり延期となっていました。

次膳の準備や実際のアップデート方法についてはこちらをご覧ください。

 →Apple – Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする

■Apple Watch OS 2.0
このアップデートでは、ユーザおよびデベロッパ向けの新しい機能が追加されます。主要な新機能は以下の通りです:

  • 新しい文字盤と時計機能
    • 香港、ロンドン、マック湖、ニューヨーク、上海、パリのタイムラプスビデオ
    • お気に入りの写真が表示され、手首を上げるたびに写真が変わるフォトアルバム、Live Photosサポート
    • タイムトラベル機能で、Digital Crownを回して未来や過去の情報をチェック
    • ナイトスタンドモードで、Apple Watchを目覚まし時計として使用
    • 9つの新しい色で文字盤をカスタマイズ、新しいマルチカラーモジュラー文字盤を追加
    • 他社製Appのコンプリケーション作成をサポート
  • Siriの機能改善
    • 特定のワークアウトの開始、公共交通機関での経路検索、グランスの表示を指示
    • FaceTimeオーディオ通話とメール返信をサポート
    • HomeKitのサポートにより、自宅内の対応デバイスをSiriで操作
    • オーストリア、ベルギー(フランス語とオランダ語)、ノルウェーでのサポートを追加
  • アクティビティとワークアウトの機能改善
    • Apple Watch内の他社製Appで記録したワークアウトデータをアクティビティリングに取り込み
    • iPhoneの“アクティビティ”Appのアクティビティリング、ワークアウトデータ、目標達成を共有
    • 目標達成をほかの人と共有
    • 週ごとの概要をオンデマンドで表示
    • アクティビティ通知を終日消音
    • ワークアウトデータを自動保存
  • Apple PayとWalletの機能改善
    • Discoverカードをサポート
    • ポイントカードと店用のクレジットカードやデビットカードをサポート
    • Apple Watch内の他社製AppからWalletにパスを直接追加
  • 友達とDigital Touchの機能改善
    • 12人を超える友達をApple Watchから直接追加
    • 友達をグループにまとめてグループ名を設定
    • 複数の色で描いたスケッチを送信
    • アニメ絵文字の新しいオプション
  • マップの機能改善
    • 交通機関表示で、主要都市の路線、駅、複数交通手段での経路を確認
    • 現在の検索での経路リストを表示
    • 駅の出発案内情報を表示
  • ミュージックの機能改善
    • 新しい“Beats 1”ボタンで、24時間オンエアラジオを受信
    • 新しい“Quick Play”ボタンで、Apple Musicのさまざまな曲を再生
  • 音声入力や絵文字でメールに返信、またはメール用にカスタマイズしたメッセージでスマート返信
  • FaceTimeオーディオで通話
  • iPhoneが近くにない場合でもWi-Fi通話をサポート(通信事業者の対応が必要)
  • アクティベーションロックにより、Apple Watchのアクティベート時にApple IDとパスワードを要求して不正使用を防止
  • デベロッパ向けの新機能
    • ネイティブSDKを使って、Apple Watchでネイティブで動作する、より高速で強力なAppを開発
    • 加速度センサーにアクセスして、動きをより精密に追跡
    • 心拍センサーにアクセスして、ワークアウトに活用
    • マイクとスピーカーにアクセスして、オーディオを録音および再生
    • Taptic Engineにアクセスして、8種類の触覚フィードバックで反応
    • Digital Crownにアクセスして、より詳細に制御
    • Apple Watch上でビデオを直接再生
    • iPhoneが近くにない場合のApp実行をサポート(既知のWi-Fiネットワークに接続されているときにネットワーク機能を利用するなど)
    • 文字盤のコンプリケーションを作成
    • Appで記録したワークアウトデータをアクティビティリングに反映
    • Appで記録したワークアウトデータをiPhoneの“アクティビティ”Appに取り込み
  • システム言語のサポートを追加: 英語(インド)、フィンランド語、インドネシア語、ノルウェー語、ポーランド語
  • 音声入力言語のサポートを追加: オランダ語(ベルギー)、英語(アイルランド、フィリピン、南アフリカ)、フランス語(ベルギー)、ドイツ語(オーストリア)、スペイン語(チリ、コロンビア)
  • スマート返信言語のサポートを追加: 繁体字中国語(香港、台湾)、デンマーク語、オランダ語、英語(ニュージーランド、シンガポール)、日本語、韓国語、スウェーデン語、タイ語

一部の機能は、国や地域によっては利用できないことがあります。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Apple – About the security content of watchOS 2
Apple – Apple、ネイティブアプリケーションに対応したwatchOS 2と新しいゴールドとローズゴールドのアルミニウムケースのApple Watch Sportモデルを発表 (2015/09/09)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Apple、開発環境「Xcode 7」公開 (Swift 2含む) iOS 9やOS X El Capiotan (v10.11) 、watchOS2などサポート

Xcode 6

米Appleは9月16日(現地時間)、Mac/iOS向けアプリ開発ツール「Xcode」7.0 を提供開始しました。

■Xcode 7.0

Xcode 7 includes Swift 2 and SDKs for iOS 9, watchOS 2, and OS X 10.11 El Capitan.

Now you can go beyond the simulator to test your app on an iPad, iPhone, or Apple Watch — for free. Simply enter your Apple ID into the Accounts preference pane, then attach a device to your Mac using a Lightning cable. You can use the same Apple ID you already use for iCloud, iTunes, or the App Store, or create a new one. Join the Apple Developer Program when you’re ready to distribute or submit your apps to the App Store.

New in Xcode 7:
• User interface testing uses accessibility to auto-generate tests for you and run them as part of a test suite
• Code coverage displays what parts of your code are covered (and not) by your test suite
• Interface Builder adds StackViews to simplify the construction of complex interfaces that use Auto Layout
• Game level editors add an animation design timeline with both 2D and 3D support
• Crash logs management adds support for OS X and app extensions
• Address sanitizer points out code that may crash at runtime even when you cannot reproduce yourself
• App thinning uploads all assets to the App Store so the store can then send an optimized app to your customers
• Support for watchOS 2 including project migration tool

New in Swift 2:
• Native error handling model adds a simple try / catch syntax that transparently wraps NSError
• Tests can now access both public and internal methods from external test processes
• Protocol extensions enable a natural chaining syntax for function calls
• Markdown syntax is supported in .swift file comments to add rich text in Quick Help
• Markdown comments in playgrounds render as beautiful rich text, perfect for curriculum documents
• Availability controls warn at compile time when using API that is too new for the minimum target OS
• SDKs for OS X, iOS, and watchOS have more natural interfaces when accessed from Swift
• New language syntax includes guard, defer, and repeat keywords
• Tool to convert source code to Swift 2 via menu: Edit > Convert > To Latest Swift Syntax

Xcode
Apple Developer – Xcode

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
4 / 71234567

ホーム > Apple

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top