Home > Apple | iOS/Android | Mac/PC > Apple、「Swift」をオープンソース化して公開 Linuxにも対応

Apple、「Swift」をオープンソース化して公開 Linuxにも対応

Swift

米Appleは12月3日(現地時間)、プログラム言語「Swift」をオープンソース・ソフトウェア (OSS) 化し、GitHub (github.com/apple) でソースコード公開 (Apache 2.0ライセンス)、コミュニティサイト「Swift.org」を開設しました。

OS XおよびLinuxで動作するSwiftコンパイラー、LLDBデバッガーと対話型評価環境 (REPL)、標準/コアライブラリパッケージマネージャー「Swift Package Manager」などが公開されており、iOS (iPhone/iPad)、OS X (Mac)、watchOS (Apple Watch)、tvOS (Apple TV) 向けアプリを開発可能です。

Swift.org

Apple Developer – Swift is Now Open Source (2015/12/03)
Swift Blog – Swift is Open Source (2015/12/03)

Home > Apple | iOS/Android | Mac/PC > Apple、「Swift」をオープンソース化して公開 Linuxにも対応

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top