Home > Mac/PC > Adobe、セキュリティアップデート「Flash Player 18.0.0.232」公開 [APSB15-19]

Adobe、セキュリティアップデート「Flash Player 18.0.0.232」公開 [APSB15-19]

  • 2015-08-12 (水) 8:34
  • Mac/PC
Adobe Flash Player / AIR

米Adobeは8月11日(現地時間)、Flash Player (Adobe AIR含む)でのセキュリティ脆弱性情報 [APSB15-19] を新たに発表し、Flash Player最新版を公開しました。
Windows/Mac/Linux版のFlash Player対象。

 →Security updates available for Adobe Flash Player [APSB15-19]

優先度1:
この優先度のアップデートは、対象として公表されている製品バージョンとプラットフォームにおいて、現在攻撃の対象となっている脆弱性、または攻撃対象になるリスクが比較的に高い脆弱性を解決します。この優先度のアップデートは、システム管理者によって直ちに適用されることを推奨します(例えば72時間以内)。

最新版へアップデートすることにより、対象システムが攻撃者に制御される恐れのあるクリティカル脆弱性が解消されます。
最新バージョンは、Flash Player デスクトップランタイムが18.0.0.232。

 →Adobe – Flash Player バージョン確認

Google Chrome内蔵Flash Playerについては、Google Chrome側アップデートにより最新版に。また、Windows 8.x用Internet Exploler 10/11内蔵Flash Playerについても最新版へ自動的にアップデートが行われます。

ちょうど Google Chrome 44.0.2403.155 公開のお知らせが。

 →Chrome Releases – Stable Channel Update (2015/08/11)

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security Updates Available for Adobe Flash Player (APSB15-19)
JPCERT/CC – Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB15-19) に関する注意喚起 (2015/08/12)

Home > Mac/PC > Adobe、セキュリティアップデート「Flash Player 18.0.0.232」公開 [APSB15-19]

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top