Home > Mac/PC > Apple、次期版「OS X El Capitan」発表

Apple、次期版「OS X El Capitan」発表

  • 2015-06-09 (火) 5:32
  • Mac/PC

OS X El Capitan

米Appleは6月8日(現地時間)、開催中の開発者会議 WWDC 2015 の基調講演でOS X新バージョン「El Capitan」を発表しました。パブリックベータ版を7月に、一般ユーザー向けには今秋提供予定。
開発者向けには本日より公開。あ、開発者向けプログラムもMac/iOS別々だったのが「Apple Developer Program」に統合されています。

名称「El Capitan」は、ヨセミテ国立公園内にある花崗岩の一枚岩(モノリス)からとった模様で、プレビューページによると、OS X Yosemiteが持つ画期的な機能と美しいデザインをベースに開発され、その体験に磨きをかけてパフォーマンスを向上させたとのことで、Yosemite関連名称なのね。

El Capitanでは、iOSで搭載された新グラフィックAPI MetalがMacでも利用可能になるなどパフォーマンスが大幅に改善されるほか、Spotlight検索やSafariの機能強化、画面分割 Split View、より機能的になったMission Controlといった機能強化や改善が行われています。

El Captain Split View

日本語関係としては、日本語入力システムの改良(ライブ変換)と4つの新しい日本語フォントが搭載。
ヒラギノ角ゴシックは、より多くの太さから選択可能に。

 - クレー
 - 筑紫A丸ゴシック
 - 筑紫B丸ゴシック
 - 游明朝体+36ポかな

OS X El Capitan 追加4フォント

Mac/iOS向けアプリ開発言語 Swift 2 も発表され、あわせてオープンソース化。

アップル – OS X El Capitan プレビュー
アップル – Apple、OS X El Capitanを発表、Macのエクスペリエンスの洗練とパフォーマンスの向上
Apple – Apple Announces OS X El Capitan with Refined Experience & Improved Performance

Home > Mac/PC > Apple、次期版「OS X El Capitan」発表

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top