Home > Mac/PC > Adobe、「Flash Player 18」(18.0.0.194) 緊急セキュリティアップデート公開 [APSB15-14]

Adobe、「Flash Player 18」(18.0.0.194) 緊急セキュリティアップデート公開 [APSB15-14]

  • 2015-06-24 (水) 5:00
  • Mac/PC
Adobe Flash Player / AIR

米Adobeは6月23日(現地時間)、Flash Player プラグインに存在するゼロデイ脆弱性「CVE-2015-3113」に対応するセキュリティ情報[APSB15-14]を公開し、Flash Playerの緊急アップデートを実施しました。
最新バージョン番号は、Windows/Mac向け 18.0.0.194 、延長サポート版 13.0.0.296 、Linux向け 11.2.202.468 になります。
該当脆弱性が標的型サイバー攻撃にて既に使われており、1)Windows7およびそれ以前のOSに対応するIE、2)Windows XPのFireFox、が標的になっているとして、Adobeでは注意を促しています。
最新バージョンになっているか確認しておきましょう。

■Adobe Security Bulletin
Security updates available for Adobe Flash Player [APSB15-14] Release date: June 23, 2015

Affected software versions:
– Adobe Flash Player 18.0.0.161 and earlier versions for Windows and Macintosh
– Adobe Flash Player Extended Support Release version 13.0.0.292 and earlier 13.x versions for Windows and Macintosh
– Adobe Flash Player 11.2.202.466 and earlier 11.x versions for Linux

Windows/Mac版、および延長サポート版のセキュリティ緊急度が「優先度1」になっていますので、速やかに最新版へバージョンアップを。 Windows/Mac/LinuxのGoogle Chrome用Flash Playerについては、Google Chrome側アップデートにより最新版に。

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog – Security updates available for Adobe Flash Player (APSB15-14)
FireEye – Operation Clandestine Wolf – Adobe Flash Zero-Day in APT3 Phishing Campaign
JPCERT/CC – Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB15-14) に関する注意喚起
Adobe – Flash Player バージョン確認

Home > Mac/PC > Adobe、「Flash Player 18」(18.0.0.194) 緊急セキュリティアップデート公開 [APSB15-14]

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top