Home > iOS/Android | 旅行/地域情報 > 東京メトロ、全線の列車位置情報等をオープンデータ化 活用アプリの開発を競うコンテスト 9/12〜

東京メトロ、全線の列車位置情報等をオープンデータ化 活用アプリの開発を競うコンテスト 9/12〜

東京メトロ「オープンデータ活用コンテスト」

東京地下鉄(東京メトロ)は8月19日、日本国内鉄道事業者として初めて全線の列車位置や遅延時間等情報をオープンデータ化し、同データを活用したアプリの開発を競う「オープンデータ活用コンテスト」を9月12日から実施すると発表しました。

東京メトロ設立10周年を記念した事業の一環で、既にで公開している列車時刻表、駅別乗降人員、バリアフリー等の情報に加え、今回初めて東京メトロ全線の列車位置、遅延時間等に係る情報(方向、列車番号、列車種別(普通、急行、 快速等)、始発駅・行先駅、車両の所属会社、在線位置(ホーム、駅間の2区分)、遅延時間(5分以上の遅延を「遅延」として表示)をオープンデータ化し、それらのデータを活用したアプリ開発コンテストをYRPユビキタス・ネットワーキング研究所の協力により実施します。

■東京メトロ 10周年スペシャルサイト
 http://tokyometro10th.jp

■応募資格
 年齢、性別、職業、国籍は問いません。
 また、個人、グループ、法人を問わずどなたでも応募が可能です。

■対象環境
Webアプリ、Androidアプリ、iPhoneアプリ、Windowsストアアプリ

■募集期間
 2014年9月12日(金)〜11月17日(月)

■審査基準
東京メトロをご利用になるお客様の生活がより便利でより快適になるようなアプリであるか
【アイディア】創造性、独創性、発展性、有益性などがあるか
【完成度】実用性、操作性、安定性などがあるか
【デザイン】表現や、デザイン技法など

東京メトロ – 東京メトロ創立10周年記念 日本の鉄道事業者として初めて 全線の列車位置等をオープンデータ化 オープンデータ活用コンテスト

Home > iOS/Android | 旅行/地域情報 > 東京メトロ、全線の列車位置情報等をオープンデータ化 活用アプリの開発を競うコンテスト 9/12〜

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top