Home > ネット/Webサービス > NTT東、11n対応「光ポータブル」新機種を2011Q2期に提供 フレッツ・スポット拡充計画も発表

NTT東、11n対応「光ポータブル」新機種を2011Q2期に提供 フレッツ・スポット拡充計画も発表

NTT東日本は5月13日の平成22年度 (2010年度) 決算発表にて、フレッツ光利用者向けのモバイルWi-Fiルーター「光ポータブル」新機種を2011年Q2期より提供開始すると発表しました。

高速な IEEE 802.11n 規格に対応しているほか、クレードルも改良が行われており、新機種では無線LAN機能をクレードル側にも搭載。これにより、光ポータブル本体を別の場所へ持っていった後も、家庭内で無線LAN経由のネット接続を利用できます。こちらはLTE非対応。

なお、NTT東日本が提供している公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」ではPPPoE接続が必須なため、iPhoneなどPPPoE非対応端末から直接接続できないのが現状ですが、今後は幅広い端末環境で利用できるよう整備していく考えだそうです。

フレッツ・スポットに関しては、東日本大震災の被災地域での公衆無線LANサービス無料開放の実例から、コンビニや大手カフェ、商店街、公共施設などへのアクセスポイント設置をすすめ、災害時に「情報ステーション」として情報を入手する手段を提供したり、事業者と提携して店舗独自コンテンツ (クーポン) の提供を可能に。アクセスポイントを2012年度末までに50,000ヵ所へ拡大する計画とのことです。

NTT東日本 – 平成22年度(第12期)決算について
フレッツ光 (NTT東日本) – 光ポータブル

Home > ネット/Webサービス > NTT東、11n対応「光ポータブル」新機種を2011Q2期に提供 フレッツ・スポット拡充計画も発表

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top