Home > ネット/Webサービス > NTT東西、フレッツ光ネクストのIPv6接続 (トンネル方式) 6/1開始 ネイティブ方式は7月予定

NTT東西、フレッツ光ネクストのIPv6接続 (トンネル方式) 6/1開始 ネイティブ方式は7月予定

NTT東日本/西日本は5月26日、インターネット接続サービス「フレッツ光ネクスト」において、従来のIPv4接続に加えてIPv6 (IPv6 PPPoE) 接続の提供を6月1日より開始すると発表しました。

「フレッツ光ネクスト」IPv6接続サービス提供については、「トンネル方式 (IPv6 PPPoE)」と「ネイティブ方式 (IPv6 IPoE)」の2種類が採用されており、6月1日から始まるのは「トンネル方式 (IPv6 PPPoE)」です。「ネイティブ方式 (IPv6 IPoE)」は7月サービス提供開始予定。

違いについては、今回のNTTニュースリリースや、サービス提供方式が2009年に決定された時のニュース記事をご覧ください。

 →WBB Forum: NGNのIPv6接続サービス方式が「トンネル方式」と「ネイティブ方式」に決定

IPv6接続 (トンネル方式) サービス利用時の料金ですが、従来のIPv4接続による「フレッツ光ネクスト」利用料と同額で、追加の月額料金はかかりません。

ただし、専用の機器等 (IPv6トンネル対応アダプター等) をお客様側各自で用意するか、NTT東日本/西日本で提供するIPv6トンネル対応アダプターを利用するか、どちらかを選ぶ必要があります。ここが実質的な追加支出部分になるかと。

MA-100は、オプション「専用無線LANカード FT-STC-Hng」を差し込むことで、IEEE 802.11n/g/b規格での無線LANアクセスポイントとしての利用が可能になります。

このNTT東西発表と同日、NTTぷららIIJNEC BIGLOBEがリリースを掲載。他ISPでも追ってお知らせがあるかと思いますので要チェック。

NTT東日本 – ニュースリリース
NTT西日本 – ニュースリリース
WBB Forum – NGNのIPv6接続サービス方式が「トンネル方式」と「ネイティブ方式」に決定 (2009/08/28)

Home > ネット/Webサービス > NTT東西、フレッツ光ネクストのIPv6接続 (トンネル方式) 6/1開始 ネイティブ方式は7月予定

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top