Home > 旅行/地域情報 | 書籍/出版 > 新潟県の歴史資料を閲覧できる「越後佐渡デジタルライブラリー」公開 新潟県立図書館と県立文書館の共同構築

新潟県の歴史資料を閲覧できる「越後佐渡デジタルライブラリー」公開 新潟県立図書館と県立文書館の共同構築

新潟県立図書館新潟県立文書館は共同で、それぞれが所蔵する上杉謙信以降400年間の新潟県関係歴史資料を、館内パソコンやネット上で閲覧できる「越後佐渡デジタルライブラリー」として2011年1月から公開を開始しました。

公開される主な資料群は以下のとおり。
 ※ [図] 図書館所蔵資料 [文] 文書館所蔵資料

古文書
[文] 約100点
上杉謙信書状、上杉景勝朱印状、道中記、長善館関係、地券など江戸時代から明治時代にかけてのもの

図書 (江戸・明治時代の和装書) ※以下の順でデジタル化を進めています。
①江戸・明治時代の写本
[図] 約50点 約200冊
越後の代表的地誌『越後名寄』『越後野志』、弘化4年3月24日の大地震の記録『信越地動録』、阪口五峯『北越詩話』の原稿など
②江戸・明治時代の版本
[図] 約70点 約130冊
上杉家を中心とした歴史書『北越軍記』、新潟の芸妓の絵姿を写した『新潟花かがみ』など
[文] 約10点
『越後土産』『北越雪譜』など

地図・絵図
[図] 約100点
元禄15年(1702)成立『春日山城図』や『正保越後国絵図』など
[文] 約20点
長防攻口並国図、満州開拓農民入植図など

書画
[図] 約150点
「川村修就」「小林虎三郎」「大倉喜八郎」など、江戸時代から昭和初期の越佐名士書画幅類

錦絵
[図] 12点
安政6年ロシア船やオランダ船が新潟港の調査に来た様子を描いた大判錦絵『新潟湊之真
景』、上杉謙信亡きあと家督相続をめぐって争った御館(おたて)の乱に戊辰戦争を見立てて描いた『越後国上杉景勝家督争合戦』など、江戸時代から明治時代に刊行された錦絵

写真・絵葉書
[図] 約1,000点
明治初年の「新発田城趾写真」など明治から昭和初期の写真
「信濃川分水工事」や「新潟万代橋開通式」など大正から昭和初期に刊行された絵葉書
[文] 約250点
佐渡鉱山、上越線全通記念、新潟市内名所など、明治から昭和初期に刊行された絵葉書

映画チラシ
[文] 約30点
昭和14~16年にかけて新潟市内の映画館で上映された映画チラシ

特色

  • この「越後佐渡デジタルライブラリー」では、新潟県史の概説版である『新潟県のあゆみ』(平成2年発行)の記述に沿って、歴史資料の画像を提供します。電子書籍化した『新潟県のあゆみ』を読み進めると同時に、歴史資料の画像を見ることができるという、これまで公開されている図書館のデジタルライブラリーとは全く違う構成です。
  • 県立図書館と県立文書館が共同でシステムを構築することにより、提供できる資料の幅が格段に広がります。
    1. 図書館からは、江戸時代から明治時代に刊行された和装書や、地図・絵図、書画、錦絵、写真、絵葉書など、約1,500点を提供します。この中でも自筆の資料や、写本、歴史的価値の高い資料版本を中心に、刊行または発表年の古いものから順にデジタル化を進めています。
    2. 文書館からは、上杉謙信の書状をはじめとし、新潟県史に関連した古文書や写真・絵葉書等約500点を提供します。
      このシステムは、国立国会図書館のウエブサイトから全国各地のデジタルアーカイブと一緒に横断検索できるようになります。(予定)

なお、県立文書館では、2月13日まで常設展示「越後・佐渡の雪景色」を開催中です。

1月常設展示「越後・佐渡の雪景色」

新潟県立図書館 – 「越後佐渡デジタルライブラリー」公開のお知らせ

Home > 旅行/地域情報 | 書籍/出版 > 新潟県の歴史資料を閲覧できる「越後佐渡デジタルライブラリー」公開 新潟県立図書館と県立文書館の共同構築

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top