Home > iOS/Android | デザイン/アート | 旅行/地域情報 > 平等院、国宝「雲中供養菩薩像」をiPadなどで立体的に楽しめる展示を開始

平等院、国宝「雲中供養菩薩像」をiPadなどで立体的に楽しめる展示を開始

京都・平等院は22日、鳳凰堂に安置されている国宝「雲中供養菩薩像」52体のうち5体の3D精密計測を行って制作当初の姿を彩色復元。iPadなどで立体的に楽しめるようにする展示を開始したそうです。
場所:平等院ミュージアム鳳翔館
今回の展示では、普段見られない菩薩像の背後や左右からの画像も表示。端末画面上のQRコードを携帯電話で読み取ることで静止画像を取り込めるとのこと。
現地に行った方だけが楽しめる限定コンテンツで、これは貴重ですね(*´ω`*)。

SankeiBiz – iPadで背中も拝観 平等院、菩薩を3D映像化
平等院ミュージアム鳳翔館

Home > iOS/Android | デザイン/アート | 旅行/地域情報 > 平等院、国宝「雲中供養菩薩像」をiPadなどで立体的に楽しめる展示を開始

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top