Home > アーカイブ > 2010-11

2010-11

IPサイマルラジオ本格実用化へ 12/1 株式会社 radiko 設立 

IPサイマルラジオ協議会は11月25日、パソコンがそのままラジオ受信機になる「IPサイマルラジオ」本格実用化を目的に、株式会社 radiko (ラジコ) を12月1日設立すると発表しました。現在提供中の実験サービスは11月末をもって終了します。
IPサイマルラジオ協議会による「都市部を中心に高層建築、モーターなどの雑音源の増加によるラジオ聴取環境悪化の解消」という環境の整備を経て、「ネットとの連携による、より魅力ある音声メディア・ラジオの新しい楽しみ方」を株式会社 radiko で社会に提案していくとのこと。
正式サービス開始時点で配信方式等には変更はなく、従来の radikoガジェット (Adobe AIRアプリ) / iPhoneアプリ / Androidアプリ を使って引き続き無料利用できます。
 →radiko ツール
配信地域は、関東・関西ともに少し拡大*。

配信地域及び放送局

  • 関東地区:
    • 配信地域: 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県*、群馬県*、栃木県*
    • 放送局: TBS ラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ NIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE
  • 関西地区:
    • 配信地域: 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県*、和歌山県*
    • 放送局: 朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA

さらに2011年春までには、東京・大阪の周辺局参画や、名古屋・福岡・北海道へのエリア拡大も予定されており、年明けから周辺各局への意思確認が始まる模様。

radiko radiko.jp - Alfredcore Inc.
radiko.jp – ニュースリリース [PDF]

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ソニー、E-Ink電子ペーパー搭載の電子書籍リーダー「Reader」12/10発売 Reader Storeも開設

ソニー株式会社は11月25日、電子書籍リーダー「Reader」を発表し、5型ディスプレイ搭載「Reader Pocket Edition『PRS-350』」および6型ディスプレイ搭載「Reader Touch Edition『PRS-650』」を12月10日より発売開始します。各カラー3種類。
販売予定価格は、PRS-360: 1,9800円、PRS-650: 24,800円。
目に優しいE-Ink 電子ペーパー (新世代タイプ E Ink Pearl) を採用し、解像度 600×800ドット (16階調グレースケール) で書籍を閲覧できます。

サポートファイルフォーマット (PRS-650)

  • 著作権保護付き書籍:XMDFファイル(.mnh)
  • 著作権保護なし書籍:XMDFファイル(.zbf)、EPUB ファイル(.epub)、PDF ファイル(.pdf)、Text ファイル(.txt)
  • 著作権保護なし音楽:MP3 ファイル(.mp3)※5、AAC ファイル(.mp4、.m4a、.mov、.qt)
  • 写真:JPEG ファイル(.jpg、.jpeg)、GIF ファイル(.gif)※7、PNG ファイル(.png)、BMP ファイル(.bmp)

で、綺麗サッパリ忘れていましたが、3G/Wi-Fiなし。なにそれ(´・ω・`) 。
本製品は、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて、11月26日より先行展示するそうです。
 →ソニーショールーム発売前先行展示情報

また、Reader向けネット書店「Reader Store」を開設し、12月10日より配信サービスを開始。株式会社ブックリスタなどと連携し、開始時には2万冊以上の書籍を用意する予定とのこと。
あ、パソコン向けやスマートデバイス向けアプリの発表ってありしたっけ?(´・ω・`)
Readerに付いてくるのは、PC→Reader転送専用「eBook Transfer for Reader」のみで、PC上での閲覧には対応していないそうですし。
ITmedia記事の質疑応答を読むと、かなり不安が。
 →ITmedia eBook USER: 「ポケットに、本棚を」――Sony Readerはユーザーの心をとらえるか

ソニー – プレスリリース
Reader Store

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

丸仙工業、iPadでコーディネイトを楽しめるシステム家具「Boxter」

株式会社丸仙工業は、世界で初めてiPadで組み合せをシミュレーションできるシステム家具「Boxter」を発売しました。
24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される IFFT/インテリア ライフスタイル リビング で発表。
「Boxter」は、ボックス型の棚が基本となる32種類4色、計128種類のモジュールを、内部に埋こまれた強度の高いアルミ製の中空ジョイントで自由に組み合わせることにより、多彩な空間作りができるシステムモジュール式家具。

特長

  • 組み立てがとっても簡単
  • 幅の追加は自由自在
  • 便利な高さ4種類
  • 強度に優れた安心設計
  • アイデア次第でより快適な使い方


シミュレーターはiPadやパソコンでBoxterサイトへアクセスして利用できます。
 →BOXTER SIMULATION SYSTEM
画面下部のモジュールリストからモジュールをタップして、どんどん組み合わせていきます。最下部には、組み合わせたユニット全長やモジュールリスト、合計価格などが表示されます。
利用者はシミュレート結果をそのまま発注したり問い合せできるほか、自分が作った組み合せをいくつも保存したり画像をメールで自分のパソコンなどに送信可能。
丸仙工業では、一定の条件で販売店用のオリジナルシミュレーションシステムの提供も予定しているとのことです。

丸仙工業 – iPadで組み合せをシミュレーションできるシステム家具「Boxter」 (ValuePress)
BOXTER SYSTEM

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2010-11

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top