Home > アーカイブ > 2010-10

2010-10

NEC BIGLOBE、SaaS型リモートサポート「LogMeIn Rescue」11月上旬提供開始 iPhoneなどスマートフォンにも今後対応予定

NECビッグローブ株式会社 (BIGLOBE) は10月22日、ユーザーのパソコンを遠隔操作しながらサポートを行える「LogMeIn Rescue (ログミーイン レスキュー)」を、11月上旬より提供開始すると発表しました。
※10月24日現在、まだ「LogMeIn Rescue」ページはオープンしておらず、リモートアクセスサービス「LogMeIn」へリダイレクトされます。
このサービスは、米LogMeIn社のSaaS型リモートサポートサービス「LogMeIn Rescue」を、BIGLOBEが日本市場向けにローカライズしたもので、パソコンの遠隔操作によりITシステムのトラブル解決や提供アプリの操作支援などを可能にします。
自社製品カスタマーサポートや社内サポートなどヘルプデスク利用にあわせた、企業向けサービスですか(*’-‘)。リモートアクセス機能だけでなく、サポート業務に必要な機能も付いています。

  • リモートアクセス機能:
    • リモート制御
    • リモート診断
    • インスタントチャット
    • ファイルマネージャー
    • サポートパソコンの再起動
    • スクリプトのインストール
  • 管理者向け利用機能:
    • サポート体制の管理
    • エスカレーション環境構築
    • レポーティング機能
    • ユーザー満足度アンケート
    • サポート要員モニタリング

サービス提供価格は、初期費用無料、 月額9,870円または年額91,560円/1ライセンス。サポート要員が使用するパソコン1台につき1ライセンス必要。
対応環境は、管理者・サポート要員側がWindows 7/Vista/XP/2000、Windows Server 2008/2003。ユーザー側がWindows 7/Vista/XP/2000、Windows Server 2008/2003、Mac OS X 10.6/10.5/10.4。
遠隔操作するユーザーのパソコンには、特定のアプリをインストールする必要はなく、事前に通知したURLにアクセスし、簡単な操作を行うだけでセッションが確立※できるため、容易に遠隔のパソコンにリモートアクセスできるとのことです。
※URLアクセス後、一時的にアプレットがインストールされ、セッションを確立。
発表によると今後はiPhone、Android、Windows Mobileなどのスマートフォンにも順次対応予定だそうです。BIGLOBEが提供しているリモートアクセスサービス「BIGLOBE LogMeIn (Free/Pro2)」と同様、iPhone/iPadアプリやAndroidアプリによる利用になるんでしょうか。

参考:BIGLOBE LogMeIn Free/Pro2

 →よくあるご質問: iPad、iPhone、iPod touchやAndroid端末からリモート制御できますか。
iPad、iPhone、iPod touchはLogMeIn社提供の専用のアプリ「LogMeIn Ignition for iPhone/iPad」(3,500円)やAndroidアプリ「LogMeIn Ignition for Android」をご利用いただくことで、リモート制御が行えます。なお、「LogMeIn Ignition for iPhone/iPad」および「LogMeIn Ignition for Android」はLogMeIn社提供の製品のため、BIGLOBEでは購入、サポートが行えませんのでご注意ください。

BIGLOBE – プレスリリース

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

米Amazon.com、iPhone/iPadなどのKindleアプリにも電子新聞/雑誌を配信へ

Amazon.comは、現在Kindleデバイス向けに配信している主要新聞や電子雑誌を、iPhone/iPadやAndroid版Kindleアプリ向けにも提供することをKindle Communityでポストしました。
もちろん電子書籍同様、一度購入すればどのデバイスでも電子新聞や電子雑誌を読むことができます。

More details when we launch this in the coming weeks.

また、年内 (later this year) には、KindleデバイスやKindleアプリなどを使用しているKindleユーザー間で電子書籍の貸し借り (2週間内めど)を行えるレンタル機能が提供される模様。
なお、ほかのユーザーに電子書籍を貸し出している間、貸出元ユーザーはその本を読むことができません。さらに、貸出可/不可は出版社や権利保有者の判断によって決まり、すべての電子書籍が貸出可能になるわけではなさそう。

Amazon.cm – Kindle Community – Coming Soon for Kindle

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

iPhone/iPadスキャンも可能なMac向けセキュリティソフト「Panda Antivirus for Mac」発売 Windowsマルウェア検知対応

総合セキュリティ会社のPanda Securityは10月22日、Mac OS X向けセキュリティソフト「Panda Antivirus for Mac」をリリースしました。
Mac OS X 10.5以降で、Mac OS X Serverはサポート対象外。価格は、ホームユーザー1ライセンスで4,995 円/1年間。トライアル版ダウンロードで、30日間無料試用可能です。
Mac OS X だけでなく、WindowsやLinuxをターゲットにしたマルウェアの検知・駆除を行うことができます。さらに、iPhone/iPod touchやiPadといったiOSデバイスのスキャンも可能で、様々な経路でやってくる&知らないうちに相手に中継してしまいかねないマルウェアをブロックします。

このソリューションはオンアクセススキャンと常駐保護の二つのスキャンエンジンを含んでいます。常時保護、セキュリティインシデント時のアラート、オンデマンドスキャン、完全または一部のコンポーネントのスキャンの実行をユーザーに許可します。これによってAppleのiPhone、iPad、iPodのスキャンも出来、もしこのどれかのデバイスがマルウェアを持ち込んだとしてもその他同類のデバイスやMacコンピュータに感染しないようにします。

パソコンだけでなくスマートフォン/タブレットなど、複数デバイスを所有・使用するようになってきた現代ではありがたい(*’-‘)。
Panda Securityは、主にヨーロッパ市場で高く評価されているようですね。
 →マイコミジャーナル: 本当に効くクラウド時代のセキュリティ対策とは?
3. 主要セキュリティ・ベンダーのクラウド型セキュリティに対する取り組み (2010/06/02)

Panda Security 最新情報 : Panda Antivirus for Macをリリース
Panda Store – Panda Antivirus for Mac

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2010-10

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top