Home > アーカイブ > 2010-08

2010-08

Google Mobile App 0.6.0.4416 (iPhone/iPad) Gmail/カレンダーのプッシュ通知に対応

日本語による音声入力検索に対応したGoogle公式iPhoneアプリ「Google Mobile App」(無料)が 0.6.0.4416 にアップデートされました。
iPhone/iPod touch/iPadで利用できるユニバーサルバイナリーアプリです。
0.6.0.4416 では、GoogleのGmail (メール)とGoogle Calendar (カレンダー) のプッシュ通知機能に対応しました。Googleアカウントを登録して設定した後、メールの着信時やカレンダーイベント時にテキスト/サウンド/バッジ通知されるようになります。
デフォルトではOFF。複数のGoogleアカウントを設定可能ですが、プッシュ通知を有効にできるのはどれか1つのみのようです。

Google Mobile AppGoogle
Google Mobile Blog – Google Mobile App for iPhone gets pushy

日本相撲協会、全親方にiPad配布

日本相撲協会が8月23日、スムーズな情報伝達を目的として全51部屋の親方などにiPad配布を決めたそうです。
ただ、もとからあったiPad導入構想とは別のようで、詳しく書かれている産経新聞記事によると、詳しいことは「まだ何も決まっていない」と事務方混乱気味のようでちょっと心配(´・ω・`)。
 →【大相撲】情報共有の”新兵器”はiPad 部屋や理事らに60台配布
対象は各部屋の師匠、役員待遇の部屋付き親方、外部理事で約60台。9月秋場所中に全員に行き渡る予定。
どんなアプリ/サービスが標準で入ってるのかな(*’-‘)? ついでに、相撲中継の視聴やチケット購入など行えるiPadアプリも一般向けにほしいところですね。

47NEWS – 相撲協会、全親方にiPad配布 スムーズな情報伝達を
日本相撲協会

日本通信、SIMロックフリーなiPhone 4専用「talking b-microSIM プラチナサービス」正式発表

日本通信は8月23日、iPhone 4(SIMロックフリー版)専用のデー通信用カード「b-microSIM」およびテザリング対応データ通信専用「talking b-microSIM プラチナサービス」の正式発表を行ないました。
talking b-microSIMプラチナサービスは、iPhone 4(SIMロックフリー版)専用microSIMカードとデータ通信プランがセットになったものです。月額基本料は6,260円(1,050円分の通話料金含む)。優先リサーブ申込された人に6月26日から案内される予定。
機種汎用の「b-mobileSIM U300」と異なり、iPhone 4(SIMロックフリー版)以外では利用できません。iPhone 4に特化された専用回線になっていて、予想外の速度制限なし(テザリングによる他端末利用時にはU300通信相当300kbps制限)なのには驚きました。
なにやら、iPhoneアプリに最適化して速度が出るような制御が行われ、iPhone 4以外で接続してもパケットが流れないようになっているとのこと。こんなこともできるんですね。
 iPhone 4:速度制限なし
 テザリング使用時:U300通信(ベストエフォート300kbps超)
サイトで紹介されている、利用可能サービスと一覧は以下のとおり。「以下のアプリケーション等を、快適にご利用いただけます」とのことで、これ以外のアプリ利用も使用できるかは不明。

  • ブラウザ「Safari」
  • アプリケーションダウンロード「App Store」
  • メール「メール」
  • 音楽「iTunes(Podcast)」、「radiko」
  • 動画再生「YouTube モバイル」
  • 動画配信「Ustream live Broardcast」
  • 地図「GoogleMap」
  • クラウドサービス「evernote」、「Dropbox」
  • VoIP「Skype」

なお、MVNOにより物理上はNTTドコモ FOMA回線なのはご存知のとおりですが、もちろんNTTドコモ提供の契約プランや各種サービス(iモードなど)まで利用できるわけではありません。日本通信(b-mobile)との契約ですので、日本通信提供サービスの範囲内に限ります。
通信割引等もありませんが、価格もそれなりに妥当な線かと思います。ドコモ回線のみ利用できればあとは自分で何とかするので他サービスいらない&でもU300じゃなくて高速で、という方にはいいんではないでしょうか。決して安価ではない海外iPhone 4をあえて購入している時点で、「安く」は優先順位がかなり下になると思いますし。
また、日本国内でソフトバンクモバイルから発売されているiPhone 4は、ソフトバンクモバイル以外では利用でいないSIMロックがかかっています。米国などからの海外輸入版を用意する必要がありますのでご注意を。
なお、ITproの以下記事で、本日行われた記者会見での質疑応答の主な内容をご覧いただけます。
 →「通信速度はアプリごとに最適化」、iPhone4でドコモ回線を利用するSIMを日本通信が発表
【Update】8月27日、b-microSIMの販売が始まりました。また、b-mobileSIM U300のmicroSIM版「b-microSIM U300」も販売開始した模様。こちらはiPhone 4などのmicroSIMフリー端末で利用できます。通信速度は300kbps超ベストエフォートで、 1ヵ月/6ヵ月/1年パッケージが用意されています。
 →MyCom: 日本通信、データ通信専用マイクロSIM「b-microSIM U300」の販売を開始

b-microSIMのbマーケットでの販売を開始しました!購入の際には優先リザーブメールに登録されたメールアドレスが必要です。http://www.bmobile.ne.jp/sim_m/Fri Aug 27 03:13:34 via HootSuite

日本通信 – プレスリリース
日本通信 b-mobile

Home > アーカイブ > 2010-08

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top