Home > デザイン/アート > 室町時代の能舞台絵巻が米で発見 国立能楽堂で3/3から一般公開

室町時代の能舞台絵巻が米で発見 国立能楽堂で3/3から一般公開

産経新聞によると、室町時代に描かれたものとみられる能舞台の絵巻が米国で発見されたそうです(‘-‘)。
詳しい調査の結果、世阿弥代表作の「百万」を描いた貴重なものであることがわかり、国立能楽堂が昨年2009年に収蔵を決定。
3月3日(水)から28日(日)、国立能楽堂の資料展示室で桃山時代に描かれた兄弟本とともに展示予定とのこと。
能「百万」についてはこちらをどうぞ。
 →「百万」須田国太郎 能◇狂言デッサン(大阪大学)

収蔵資料展
(後期)
国立能楽堂が開場以来収集してきた能面・能装束・絵画・文献の名品を前後期に分けて紹介する。
2010年3月3日~3月28日 10:00~17:00

産経 – 世阿弥の能「百万」…鮮やかに 室町時代の貴重な絵巻、米で発見
日本芸術文化振興会 – 資料展示室情報
産経新聞 産経新聞

Home > デザイン/アート > 室町時代の能舞台絵巻が米で発見 国立能楽堂で3/3から一般公開

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top