Home > iOS/Android | ネット/Webサービス > 最重要指名手配犯や失踪者など公開情報をiPhoneで閲覧「FBI Most Wanted」

最重要指名手配犯や失踪者など公開情報をiPhoneで閲覧「FBI Most Wanted」


最重要テロリスト手配や失踪児童(ミッシング・チルドレン)情報など、米連邦捜査局(FBI)が公開している捜査情報をiPhoneで閲覧たり、通報の手助けとなるiPhoneアプリ「FBI Most Wanted」(115円)が公開されました。
逃亡者トップ10や最重要テロリストなどを公開手配している「Figitive」や、失踪児童(ミッシング・チルドレン)が公開されている「Seeking Info」、その他FBIプレスリリースなど関連情報をこのアプリで閲覧できます。


また、最寄りのFBIオフィスや米国大使館への連絡先リンクも付いています。

で、日本ではどうかとざっとネット検索してみたら、Yahoo! JAPANで「Yahoo!なんでも交換 指名手配特集」というコンテンツがありましたが、発表以降こまめにメンテされているのかは微妙な気がします。指名手配犯の画像を使ったスロットゲームのニュースもありましたね。

【Update】米国での電子政府構築のためのサービスを提供しているNIC(NICUSA)から「Most Wanted」(無料)がリリースされました。 [2010.01.09]

ほか、「2009年米国再生再投資法」(ARRA)からの支出金がどのように使われているかを調べることができる「Transparent Gov」(無料)などいくつものiPhoneアプリをリリースしていたりと、けっこうiPhoneに注目しているようです。
Facebok, Twitter, YouTube, iTunes (Podcast)に加えてiPhoneアプリもサービス標準になってくるのでしょうか(‘-‘)。

 →NIC、米国再生再投資法の資金の流れを追跡する「iPhone」アプリを発表(901am.jp)

FBI Most Wanted FBI Most Wanted
ITmedia:指名手配犯の情報も「なんでも交換」 ヤフーに専用ページ(2007.11.01)
GIGAZINE:実在の指名手配犯の顔写真を使ったスロットゲームが登場(2008.11.24)
newKarala.com – FBI now on Facebook, Twitter (2010.01.09)

Home > iOS/Android | ネット/Webサービス > 最重要指名手配犯や失踪者など公開情報をiPhoneで閲覧「FBI Most Wanted」

あわせて読む

レコメンデーションエンジン

Twitter


iPhone/Android対応に便利なWPプラグイン

Get WPtouch Pro

Return to page top